信濃川火焔街道連携協議会では文化遺産カードを配布中です

最終更新日:2016年6月17日

新潟市・三条市・長岡市・十日町市・津南町では縄文時代の代名詞ともいえる火焔型土器が出土します。
この火焔型土器を共通のキーワードとして信濃川火焔街道連携協議会を結成し、交流・連携事業をとおして地域振興や広域観光の推進を図っています。

文化遺産カードとは

文化遺産カードの写真

指定された文化遺産を撮影し、その写真・画像を各施設の窓口でお示しください。上の写真のような文化遺産カードをお渡しします。
カードの配布は平成26年2月1日から開始しましたが、枚数に限りがございますのでご了承ください。
新潟市内では古津八幡山遺跡弥生の丘展示館にて配布しています。

追加になった文化遺産カードの写真

平成28年度より新しいカードが7種類仲間入りしました。
弥生の丘展示館では復元竪穴住居のカードと弥生土器のカードに加え、古津八幡山古墳のカードの配布を行っています。

関連リンク

カードの配布施設と撮影対象となっている文化遺産が掲載されています。

火焔土器をテーマとした学びや観光などの情報が紹介されています。

このページの作成担当

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ