国史跡古津八幡山遺跡 企画展・講演会のご案内

最終更新日:2020年7月21日

史跡古津八幡山弥生の丘展示館では年3回の企画展と企画展に関連した講演会・講座を予定しています。

古津八幡山遺跡全景写真

企画展1「古津八幡山遺跡発掘調査速報展2 ―令和元年度の発掘調査成果―」【開催中】

企画展チラシ表面の画像

企画展チラシ裏面の画像

展示の概要

史跡古津八幡山遺跡では、史跡をより適切に保存・活用していくために、史跡内外における遺跡の状況把握を目的とした確認調査を行っています。
令和元年度は、古津八幡山遺跡で最大となる竪穴住居の内部やその周辺において発掘調査を行いました。その結果、大形竪穴住居の構造について新たな知見が得られたほか、新たな竪穴住居も確認されるなど、多くの調査成果がありました。
本企画展では、令和元年度に実施した発掘調査の成果を中心に展示・解説します。

会期

2020年4月14日(火曜)から2019年9月6日(日曜)
会期中の休館日 4/20・27・30、5/7・8・11・18・25、6/1・8・15・22・29、7/6・13・20・27、8/3・11・17・24・31

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

学芸員による展示解説

日時 

2020年8月16日(日曜)午後1時半から

申込み 

不要(直接、展示会場へお越しください)

※企画展に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

企画展2「天王山式土器からみた東日本の弥生社会 ―古津八幡山遺跡成立期の動向―」

展示の概要

古津八幡山遺跡は、紀元1世紀に出現した北越最大規模の高地性環濠集落です。出土する土器には東北系・北陸系・在地系の3系統があり、ムラには様々な地域の人々が一緒に暮らしていたと考えられます。
東北系土器を代表するのが縄目文様のついた「天王山式土器」ですが、北海道から北陸まで分布しており、当時の人々が広域に移動していたことを示しています。
古津八幡山遺跡のムラの成り立ちを「天王山式土器」の視点から読み解きます。

会期

2020年9月15日(火曜)から2020年12月20日(日曜)

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

講演会(1) 「東日本における弥生時代後期の交流」

講師 

石川 日出志氏 (明治大学文学部教授)

日時

2020年10月11日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター(展示会場とは異なります)

定員

30人(先着事前申し込み、申込み開始日時は別途ホームページでご案内します)

講演会(2) 「天王山式土器からみた東日本の弥生社会 -古津八幡山遺跡成立期の動向-」

講師 

渡邊 朋和 (新潟市文化財センター学芸員)

日時

2020年11月15日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター(展示会場とは異なります)

定員

30人(先着事前申し込み、申込み開始日時は別途ホームページでご案内します)

学芸員による展示解説

日時 

2020年9月20日(日曜)、11月29日(日曜)いずれも午後1時半から

申込み 

不要(直接、展示会場へお越しください)

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

企画展3「大沢谷内遺跡展 ―アスファルトを利用した縄文時代から中世の遺跡―」

展示の概要

旧小須戸町の沖積地に立地する大沢谷内遺跡は、縄文時代から室町時代にかけての遺跡です。時代によって様々な利用が行われ、性格も異なりますが、各時代とも周辺で産出される天然アスファルトを利用している点で共通しています。
古代・中世には広範囲で水田や畑を営み、木製品の加工や漆の利用など森林資源も活発に利用していました。また、漁撈を行っていたことも分かっています。
各時代を通じて遺跡周辺の様々な資源を巧みに利用していた大沢谷内遺跡の実態について迫ります。

会期

2021年1月5日(火曜)から2020年3月28日(日曜)

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

講演会「縄文時代から中世の大沢谷内遺跡」

講師

相田 泰臣 (新潟市文化財センター学芸員)

日時

2021年2月7日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター(展示会場とは異なります)

定員

30人(先着事前申し込み、申込み開始日時は別途ホームページでご案内します)

学芸員による展示解説

日時 

2021年2月14日(日曜)午後1時半から

申込み 

不要(直接、展示会場へお越しください)

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

このページの作成担当

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ