平成30年度史跡古津八幡山弥生の丘展示館企画展2「豪族居館 王の暮らす屋敷」

最終更新日:2019年4月23日

企画展2「豪族居館 王の暮らす屋敷」

展示の概要

展示状況の写真

新潟市内には県内最大の古墳である古津八幡山古墳をはじめ、これまでに古墳が8基確認されています。これらの古墳をつくった豪族の屋敷(居館)については、確実なものはまだ見つかっていませんが、舟戸遺跡(秋葉区)や御井戸遺跡(西蒲区)など、いくつかの遺跡が候補としてあげられます。
本企画展では、最新の調査や研究成果、各種資料から豪族居館の実態について探ります。

会期

平成30年12月2日(日曜)まで
休館日8月20日・27日、9月3日・10日・18日・25日、10月1日・9日・15日・22日・29日、11月5日・12日・19日・26日

開館時間

午前10時から午後5時

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

展示資料

舟戸遺跡・御井戸遺跡(新潟市)、三ツ寺1遺跡(群馬県高崎市)、古屋敷遺跡(福島県喜多方市)などから出土品した土器・土製品・石製品・木製品

展示解説

平成30年11月10日(土曜) 午後1時半から

講演会「古墳時代の集落と豪族居館 東日本を中心に」

写真 舟戸遺跡の竪穴建物跡

講師

菊地 芳朗氏(福島大学行政政策学類教授)

日時

平成30年10月14日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター研修室(展示会場とは異なります)

定員

80人(申し込み不要、当日直接、新潟市文化財センターへお越しください)

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

企画展チラシ

チラシ表面の画像

チラシ裏面の画像

このページの作成担当

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ