と畜検査の現場(豚編)

最終更新日:2012年6月1日

生体検査

伝染病や他の病気・怪我などの異常がないかを検査しています。異常が認められた豚は、一般解体ラインとは別に処理・検査されます。また、伝染病が疑われる場合には“とさつ禁止”とされ、食肉として流通することはありません。

生体検査

内臓と枝肉の検査

一頭ごとに病変の有無を検査しています。異常があった部位は廃棄され、さらに敗血症などの全身的な異常の疑いがあった場合には保留検査(精密検査)を行います。

内臓検査

枝肉検査

最終検査

最終仕上げ前にもう一度、確認検査を行っています。

最終検査

検印

すべての検査に合格した枝肉にのみ合格印(写真中の青いハンコ)が押されます。

検印

このページの作成担当

保健衛生部 食肉衛生検査所

〒950-2125 新潟市西区中野小屋1631

電話:025-261-2600

FAX:025-261-0565

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ