くろさき茶豆と十全なす漬けあじの唐揚げ・藤五郎梅甘酢ソース

最終更新日:2012年6月1日

シェフが教える!にいがたなるほど四季彩レシピ

summer

夏・家庭料理

くろさき茶豆と十全なす漬けあじの唐揚げ・藤五郎梅甘酢ソース

材料(4人分)

くろさき茶豆/40g・塩/少々
十全なす漬け/2個
あじ/2尾・塩・こしょう/少々
酒/少々・片栗粉/適宜・揚げ油/適宜
長ねぎ(やわはだ)/10g
赤ピーマン/5g・香菜/1本
松の実/12粒

<ソース> 
藤五郎梅干(果肉)/15g
酢/大さじ1
砂糖/大さじ2~2.5
ケチャップ/大さじ1
醤油/大さじ1

食事バランスガイド

所要時間
約20分
栄養一人あたり 
・約161kcal
・塩分1.9g

作り方

1<下ごしらえ>

1.あじは3枚におろして皮を引く。半身を2分の1に切る(刺身用あじを使っても可)。

2.茶豆は熱湯に塩少々を入れて湯通しする。冷まして豆だけ取り出す。

3.十全なす漬けは4分の1に切り、さっと湯通しする。

4.長ねぎは白髪ねぎにする。

5.赤ピーマンは細切りにする。

2<ソースを作る>

1.梅干の果肉は包丁で叩いてペースト状にする。

2.ボウルで1と残りの調味料を合わせる。
※ 甘さ、酸味は好みで調整してください。

3<仕上げる>

1.下ごしらえしたあじに塩・こしょう・酒で下味を入れ、片栗粉をつけて170度の油で揚げる(フライパンで焼いても可)。

2.十全なす漬け・松の実もさっと揚げる。

3.器にあじ・なす漬けを高く盛り付け、茶豆・揚げた松の実を散らす。鍋で温めたソースを上から回しかける。白髪ねぎ・赤ピーマン・香菜を飾る。

新潟市自慢の食材【くろさき茶豆】

くろさき茶豆

くろさき茶豆は山形の「だだ茶豆」とえだまめの王座を競う名産品。よく旨みのだだ茶、香りのくろさき茶豆などという人もいますが、糖度の最も高くなる夕採りの茶豆の優雅な旨みはこれ以上ない絶品です。シャキッとした歯ざわり・えもいわれぬ味と香りのハーモニーを、ぜひ産地新潟で、ゆでたてでお召し上がりください。きっとあなたの「えだまめ感」が変わりますよ。

調理のポイント 万代 シルバーホテル 柳江苑 料理長 平山光雄さん

あじは2度揚げしてカラッと仕上げてください。
藤五郎梅ソースの味は好みで調整してください。藤五郎梅は江南区亀田地区の特産ですが、手に入らなければ普通の梅干を使ってください。あじはカラッと揚げること。2度揚げすると良いですね。他の地魚でもOKです。
万代シルバーホテルでいただけます。
「中国料理 柳江苑」の単品メニューで提供予定。提供期間・料金など、詳細は下記へお尋ねください。
 電話:025-243-3711

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ