お正月の定番「餅雑煮」

最終更新日:2012年6月1日

お正月の定番「餅雑煮」

材料|4人分

大根2分の1本
にんじん2分の1本
ごぼう2分の1本
 しいたけ2枚
 こんにゃく3分の1枚
 油揚げ2分の1枚
 かまぼこ4分の1本
 ねぎ1本
 塩鮭2切れ
 餅8個
 だし汁(煮干しとかつおぶし)4カップ
 しょうゆ大さじ2、酒大さじ2、塩小さじ1

cooking DATA

所要時間
20分

栄養(一人あたり) 
カロリー/340kcal
塩分/8.7g
脂質/7.8g

作り方

短冊切りと小口切り

1.大根は長さ4cm、幅1cmの短冊に切ってゆでておく。にんじん、ごぼうはささがきにし、水にさらしておく。こんにゃくは長さ3cm、幅5mm位に切る。しいたけは半分にし、細長く切る。かまぼこ、油揚げも細切りにして熱湯をかけ、油抜きをする。ねぎは小口切りにする。塩鮭は一口大に切る。

ひたひたより少し控え目

2.かまぼことねぎ以外の1の材料を鍋に入れ、だし汁をひたひたより少し控え気味にして火にかけ、しょうゆ・酒・塩で味付けする。最後にねぎとかまぼこを入れる。

別鍋にお湯を沸かし、餅を煮ておく

3.別鍋にお湯を沸かし、餅を煮ておく。

できたお汁の中に、煮た餅を入れ、いただく

4.できたお汁の中に、煮た餅を入れ、いただく。

その昔、お餅は一番のごちそう。

郷土料理よもやま話

 昔はいろいろな行事がありましたが、中でもお正月は特別。新潟のお雑煮は“煮餅”が主流ですが、餅が見えないほど具をたくさんにするんです。お餅は一番のごちそうでしたから、家族で競争して食べましたよ。また、「あんこもち」「きなこもち」も一緒に食べるんです。
 お正月はお節料理もなくて餅雑煮とのっぺくらいでしたね。それも年夜までに作ってしまうの。餅雑煮に使う“こうとう”(大根をスライスしたもの)も“こうとうつき”で何本も突いておいて。今では拍子切りが多いけど“こうとう”の方が煮るとやわらかく、なめらかになりますよ。ぜんぜん違います。また、餅雑煮を食べる日は一日二食だったんですよ。これも普段は忙しい主婦が休むための知恵だったんでしょうね。
お話:農村地域生活アドバイザー
中央区女池・大坂昌子さん

ここがポイント!調理の道具

こうとうつき/餅あみ

こうとうつきと餅あみ

 「こうとうつき」は、今でいうところのスライサー。雑煮の具は年末に3が日分をまとめて作ったため、手間を省くために使用しました。また、煮た餅が鍋の底にくっつかないように「餅あみ」を使って調理しました。

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ