にいがたフラワーバレンタイン2020(終了しました)

最終更新日:2020年3月10日

 欧米ではバレンタインデーに男性から女性に花を贈る習慣があり、男女が互いの愛や感謝の気持ちを伝えあいます。
 新潟市では、この習慣にならい、バレンタインデーに花を贈る「フラワーバレンタイン」の普及・定着に力を入れています。
 新潟市が出荷量日本一を誇るチューリップ(切り花)を中心に、市内のJAや花き卸業者、生花店等と協働して、フラワーバレンタインのイベントを実施します。
イベントは終了しました

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。フラワーバレンタインとは?(外部サイト)
一般社団法人花の国日本協議会によるフラワーバレンタイン紹介ページ

1 花を贈る日キャンペーン「フラワーバレンタイン」

会場

新潟市食育・花育センター(新潟市中央区清五郎401番地 いくとぴあ食花内)

料金

入場無料

市内生花店によるギフト作品例

フラワーデコレーション展示

日時

2020年2月1日(土曜)から2月14日(金曜)

内容

新潟産のチューリップを中心としたフラワーデコレーション
今年のテーマは「フラワーマルシェ」
お花のワゴンがひと足早い春を届けます

フラワーバレンタインギフト作品展示

日時

2020年2月7日(金曜)から2月10日(月曜)

内容

市内生花店によるアレンジメントやギフト作品などを展示します。
気に入ったものは後日、製作した花店で購入することができます。(要事前予約)

チューリップ品種紹介展示

チューリップ品種紹介展示

日時

2020年2月1日(土曜)から2月14日(金曜)

内容

多彩な品種、香りチューリップ等の紹介

主催者

新潟県新潟地域振興局農林振興部(にいがたチューリップいっぱいプロジェクト)
新潟県花き振興協議会

来場者に花束をプレゼント

チューリップミニ花束プレゼント

先着で300名様にチューリップのミニ花束を進呈します

日時

2020年2月8日(土曜) 午前11時 ※なくなり次第終了

リンク

お問い合わせ先

食と花の推進課 (電話:025-226-1794/FAX:025-230-0423)

2 にいがた花フェスタ フラワーバレンタイン in Niigata Station West

開催日

2020年2月8日(土曜)・2月9日(日曜) 

会場

新潟駅西口CoCoLo西N+ 「TABI BAR & CAFE」(中央区花園)

花の撮影スポット登場・花の販売

日時

午前10時から午後4時

内容

  • 新潟市産の花や新潟産チューリップを使用した撮影スポットを設置
  • フラワーバレンタインデーにあわせた花の販売
  • アンケートに回答いただいた方先着60名にチューリップを進呈

協力

にいがた園芸農産物宣伝会、新潟県花木振興協議会

#旅する喫茶 tsunekawaさんによる「花咲くクリームソーダ」の販売

時間

午前10時から午後4時

内容

  • 新潟産「エディブルフラワー」を使った創作クリームソーダを2日間だけの限定で販売
  • 各日100食限定、なくなり次第終了
  • 当日、会場にて整理券を配布(先着順)

歌とピアノの演奏会・ミニトークショー(事前応募制)

時間

【1回目】午前10時45分から正午(会場10時30分)
【2回目】午後1時45分から午後3時(会場1時30分)

内容

  1. 花き生産者によるミニトークショー
  2. 市内在住アーティスト「key:」さん(歌)、「原 生真」さん(ピアノ)のコラボ音楽ライブ
  3. #旅する喫茶店主「tsunekawa」さんが手がける創作クリームソーダの提供

定員

各回先着20人

料金

2,000円(税込)

お申し込み

1月22日(水曜)午前10時から電話またはメールで申し込み
2月6日(木曜)申込締め切り
電話番号:025-383-8966 (TABI BAR & CAFE 【受付時間】午前10時から午後8時)
メールアドレス:oota.hidehiko@jeki.co.jp

メールでのお申込みの場合、下記事項を記載ください。

  • 氏名
  • 参加希望日時(例:2月8日1回目)
  • 電話番号

お問い合わせ先

ニューフードバレー特区課 (電話:025-226-3567/FAX:025-230-0423)

3 にいがたチューリップいっぱい・バレンタインキャンペーン

新潟県の花であり、新潟市の花でもある「チューリップ」
新潟県新潟地域振興局では、フラワーバレンタインにあわせ、新潟県産チューリップを新潟市内の生花店で展示するキャンペーンを実施します。
大切な人へのバレンタインの贈り物には、ぜひチューリップを!

新潟県産チューリップの魅力を紹介します

生花店でのチューリップ切り花の展示

  • 多彩な品種・香りチューリップの紹介
  • 品質保持剤により日持ちするチューリップの紹介
  • アレンジメント・ギフト提案

日時

2020年1月29日(水曜)から2月14日(金曜)まで

キャンペーン参加店

・吉田フローリスト(中央区)
・フレッシュはな正 新潟店(中央区)
・花ムラ 亀田店(江南区)
・フローリスト花成(秋葉区)
・川名花店(秋葉区)
・巻フローリスト川村(西蒲区)
・フローリストカネコ(五泉市)
・いば生花店(加茂市)

主催者

新潟県新潟地域振興局農林振興部(にいがたチューリップいっぱいプロジェクト)
新潟県花き振興協議会

にいがたチューリップいっぱいプロジェクト

新潟地域振興局ではチューリップの魅力を全国に発信するプロジェクトを実施しています。
Facebookで情報を発信しています。ぜひフォローください。

お問い合わせ先

新潟県新潟地域振興局農林振興部 普及第2課 チューリップいっぱいプロジェクト担当
電話:0250-24-7214

新潟のシンボル「チューリップ」

チューリップの産出額は全国で11億円、うち新潟県は6億円、富山県は2億円。新潟市は約5億円と新潟県内でもダントツで、日本一の産地として全国各地の市場へ出荷しています。
300品種を超える多様な品種と品質の良さが自慢です。

チューリップ球根について

チューリップ球根の本格的な商業生産は大正7年(1919年)に秋葉区(旧新津市)小合地区で始まり、2019年に100年目を迎えました。
現在の県内の主な産地は胎内市や五泉市に移り、市内の生産量は減りましたが、それでも毎年約160万球を出荷しています。

新潟産のチューリップを取り扱っている店舗が紹介されています。ただし、天候等の諸事情により取り扱いの無い場合もありますので、予めご了承ください。その他、品種を紹介するフォトカタログやチューリップを長く楽しむためのポイントが紹介されています。

関連リンク

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ