いちご「越後姫」が栄養機能食品に

最終更新日:2018年3月8日

いちごとしては全国初

 平成27年4月の食品表示法施行により、栄養成分の機能表示が、農産物でもできるようになりました。これをうけて、農業活性化研究センターでは、市内JAと新潟薬科大学の協力を得て、いちご「越後姫」について成分分析を行い、ビタミンCの表示が可能となりました。
 本市の食と花の銘産品である越後姫を食べて、健康維持に役立てていけるよう、現在、JA新潟市とJA新津さつきが栄養機能食品表示したパッケージで販売中です。

概要

 ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素で、1日の必要量の平均値は100ミリグラム(対象年齢18歳以上、基準熱量2,200キロカロリー)です。越後姫を100グラム食べると、ビタミンCの栄養素等表示基準値の45パーセントを摂取することができます。

「越後姫」パッケージのイメージ

関連リンク

このページの作成担当

農林水産部 新潟市農業活性化研究センター

〒950-1406 新潟市南区東笠巻新田3043番地1

電話:025-362-0151

FAX:025-362-0153

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ