日本海側初開催「Code for Japan Summit 2018 in 新潟」のご案内及び市長面談

最終更新日:2018年9月5日

コード・フォー・ジャパン事務局長の陣内氏と、コード・フォー・ニイガタ(新潟地域のコミュニティ)代表の山田氏が、9月3日(月曜日)午後1時から「Code for Japan Summit 2018 in 新潟」の概要について市長と面談しました。
(写真左から 篠田 昭 新潟市長、山田 道也 Code for Niigata代表、陣内 一樹 Code for Japan事務局長)

概要

今年のテーマは「Salvage」 ~ 地域の宝を掘り起こしSummitで見つけた宝と一緒に新たな未来へ踏み出そう ~

 ITで地域や行政が抱える課題を解決し、新たな産業創出を促す「シビックテック」。地域課題におけるテクノロジーと市民の関わりを題材としたイベント「Code for Japan Summit(コードフォージャパンサミット)」を実施します。
 Code for Japan Summitは地域のコミュニティ、IT技術者、さらに海外からのゲストや政府や自治体関係者などが一同に会するシビックテックでは国内最大級の催しです。本イベントは様々なヒト・モノ・コトの「つながりの場」を目指します。ふるってご参加ください。(お申し込みは下記「参加申込」から)
※シビックテック:シビック(Civic、市民)とテック(Tech、テクノロジー)をあわせた造語。
「テクノロジーを活用しながら自分たちの身のまわりの課題を自分たちで解決していこう」という考え方。

開催日時

平成30年9月22日(土曜日)、23日(日曜日)

会場

新潟国際情報大学新潟中央キャンパス(中央区上大川前通7番町1169)

主催

一般社団法人 コード・フォー・ジャパン

共催・後援

Code for Niigata、国際情報大学、総務省、経済産業省、新潟県、新潟市

参加者数

概ね500人 ※約半数は県外から参加予定

主な内容

国内外の著名ゲスト(Code for Americaアリエル・ケナン氏等)による講演・セミナーや様々なワークショップなど約40のプログラムを実施。

その他

 ※チケット(無料)をお申し込みください。

一般社団法人 コード・フォー・ジャパン
代表者 代表理事 関 治之
設立年月日 平成25年10月25日
メンバー数 2,500人以上(平成28年7月現在)
概要 市民が主体となり、自身の住む街などの社会課題をテクノロジーで解決を図るコミュニティの支援などに取り組む非営利団体
主な
取り組み
○全国に民間のIT人材等を派遣し、自治体や地域のIT活用を推進。
○目的を共にする地域コミュニティ(Code for Niigata等)と連携し、課題解決を目的とした様々なワークショップ等を実施。

外部リンク

お問い合わせ先

担当 新潟市経済部企業立地課
所在地 〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館3階)
電話:025-226-1689
メールアドレスkigyo@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

経済部 成長産業支援課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館3階)

電話:025-226-1694

FAX:025-228-2277

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ