新津健康センター内のお茶の間について

最終更新日:2015年3月10日

提案

 健康維持のため月3~4回、新津健康センターを利用(入浴を含め)させてもらっています。
 最近、利用者から健康センター内にあるNPO法人お茶の間が縮小される話を聞きました。
 私ども健康センター利用者は、お茶の間利用者のお迎えの笑顔、お帰りの笑顔、言葉を交わしながら癒されています。
 お茶の間利用者が減少している訳でもないのに、なぜ縮小するのか理由がわかりません。経費削減でしょうか?空き部屋の他の利用目的でしょうか。行政が立ち上げた施設と聞いております、民間施設が多くなったことは承知しています。
 国では福祉充実のため予算の増額もしています。
 高齢者の生きがい(健康)の施設、お茶の間を現状のまま続けてくださることを切にお願いいたします。
 秋葉区から新津健康センターのお茶の間をなくさないでください。

受付日:平成27年1月23日 年齢:70代

回答

新津健康センターをご利用いただき、ありがとうございます。
区では、高齢者の生きがいづくりと社会参加の促進を図る「生きがい対応型通所事業」と、初期認知症状を有する高齢者の社会交流と介護者の負担軽減を図る「コミュニティデイホーム事業」の2つを、NPO法人お茶の間に委託し、新津健康センターにて実施しております。
このうち、「コミュニティデイホーム事業」については、旧新津市から実施している秋葉区独自事業として合併後も継続しておりましたが、近年、介護保険施設の整備も進み、サービスの提供が充実してきたことをふまえ、今年3月末をもって終了することといたしました。利用者のご家族には、一昨年より時間をかけて周知しており、4月からはその方の実情により適した通所介護サービス事業所等に移行することとなっております。
なお「生きがい対応型通所事業」については、これまでと変わらず、新津健康センターにて実施してまいりますので、ご利用いただければと存じます。

回答日:平成27年2月13日 担当:健康福祉課

※各担当課へのご質問やお問い合わせなどは、各課のページをご利用ください。

このページの作成担当

秋葉区役所 地域総務課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5673

FAX:0250-22-0228

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ