タムシバ

最終更新日:2016年6月30日

タムシバ(噛葉)

タムシバ(噛葉)

科名:モクレン科
生活形:落葉広葉樹
高さによる木の格付け:小高木(5~10m)、幹を立て森林の中層に枝を張ります。
開花期:4月中旬
解説:四月半ば、枝先の大きな花芽が割れて6弁の花を開く。純白の花が春風に揺れ、里山に風情を添えます。間もなく葉が伸び出しますが、この葉を噛むと甘味があるところから「カムシバ」と呼ばれ、訛って今の名になりました。
観察ポイント・エリア:雌しべと雄しべが同居している両性花ですが、モクレン科の花に共通した変わったつくりをしています。ルーペでその姿を観察してみましょう。
※この時期、街の庭に咲くハクモクレンは同じ仲間ですが、中国から渡ってきたものです。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

オオカメノキ

シロダモ

ソヨゴ

スギ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ