オオカメノキ

最終更新日:2016年6月30日

オオカメノキ(大亀の木)

オオカメノキ

科名:スイカズラ科
生活形:落葉広葉樹
高さによる木の格付け:低木(5m以下)、根際から複数の枝を森林の下層に立てます。
開花期:4月中旬
解説:枝の先々より散房花序を立て、多数の両性花(雌しべと雄しべをもつ花)を、4枚の花びら状の飾り花が取り巻きます。花粉を媒介する昆虫を呼び寄せる巧みなわざを身につけている花です。
観察ポイント・エリア:上木が葉を茂らせて日陰になる前に、いち早く花の営みを済ませる低木のライフスタイルに注目しましょう。
※葉は大形の卵円形で、葉脈がくぼみ、ひだ状をしています。その姿を亀の甲羅に例えて名づけられました。
【ひとくちメモ】
・散房花序=全体が半球型になる花の集まりのこと
・上木=高い樹木

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

マルバマンサク

ナツハゼ

ネムノキ

オクチョウジザクラ

オオバクロモジ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ