ガマズミ

最終更新日:2016年6月30日

樹木の季節現象 「その5 ガマズミ」

ガマズミの季節現象

ミヤマガマズミの実 ミヤマガマズミの実(10月撮影)

 「どうして、実は赤色なの?」

 真っ赤にかがやいたガマズミの実の色について、子どもたちに聞かれたことがありました。
 そこですかさず「赤い色は、ここにおいしい実があるよって鳥たちに教えているんだよ」と答えました。

 鳥は実といっしょに種も飲みこみます。しかし、固い種は鳥のおなかで消化されずに、遠くはなれた場所でフンとして落とされて、そこで芽生えるチャンスを待つのです。

 人間にとっておいしい木の実は、鳥たちも大好きです。霜が降りるころになると、ガマズミのあまい実はほとんど食べつくされてしまいます。ナツハゼのところでも紹介しましたね。

 日本には、15種類くらいのガマズミ(ガマズミ、ミヤマガマズミ、コバノガマズミなど)が生え育っています。高さ2メートルくらいの落葉樹の低い木で、日ごろは目立たない木です。

ガマズミの花 ガマズミの花

春には、白い小さい花を付けます。

たくさんの実を付けたガマズミ たくさんの実を付けたガマズミ(10月撮影)

 ところが秋になると、このように一段と目立ちます。

 実の数を数えたら、一つの房におよそ60つぶありました。
 房の数が30くらいあったので、なんと!全部で約1,800つぶもあるんですね。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

ウスバアゲハ

アカマツ

アオハダ

エゴノキ

エゾアジサイ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ