アオハダ

最終更新日:2016年6月30日

樹木の季節現象 「その1 アオハダ」

アオハダの季節減少

アオハダの木 アオハダの木

 木の皮はうすくて、灰色っぽい白色をしていますが、名前はアオハダと言います。

 この名前は、木の皮をむくと緑色の内側の皮が出てくることから付きました。

雄花(おばな) 雄花(おばな)

 にいつ丘陵では普通に見ることのできる落葉広葉樹ですが、あまり目立ちません。雄花と雌花が咲く木が違うのが特徴で、初夏にはたくさんのお花とちょっとのめ花が上向きにさきます。

 花は白く小さいため、葉っぱがじゃまして下から見てもなかなか気づかないことが多いです。

 秋には葉が黄金色に色づいて、雌花がさいた木の枝には赤い実を付けます。

枝の先に実をつけた雌花がさく木 枝の先に実をつけた雌花がさく木

黄金色の葉 黄金色の葉

赤い実 赤い実

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

トラフシジミ

ツマキチョウ

ウラナミアカシジミ

ウスバアゲハ

アカマツ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ