モンキアゲハ

最終更新日:2016年6月30日

モンキアゲハ

モンキアゲハ

科名:アゲハチョウ科
解説:かつて南方系蝶といわれ、新潟県内では少ない種でした。最近では各地で見られるようになり、にいつ丘陵では特に多いようです。初夏、アザミの花が咲く頃から春型が発生、以降夏型(7~8月)、稀に秋に羽化が見られることがあります。カラスサンショウが主な食草です。
観察ポイント・エリア:初夏、ノアザミの咲く道路(山の小路)沿い。蝶道が、はっきりします。
【ひとくちメモ】蝶道=蝶の通る道

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

クロヒカゲ

メスグロヒョウモン

モンキチョウ

オオヒカゲ

ツマキチョウ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ