このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

投票所及び投票できる人・できない人

最終更新日:2018年6月8日

投票所

選挙日当日の投票は、決められた投票所で行っていただきます(登録された選挙人名簿における投票所となります。)。
ご自宅に郵送する「投票所入場券」に投票所を記載していますのでご確認ください。
投票所入場券は、告示日(平成30年5月24日)までには届くように発送いたします。

「投票所」の一覧はこちらから確認できます。

投票所のページへリンクし、投票所の所在地、投票区域が確認できます。

投票時間

投票日:平成30年6月10日(日曜)
午前7時から午後8時まで

投票できる人

新潟市の各行政区の投票区(選挙人名簿)に登録された人が投票できます。

選挙人名簿に登録される人

  • 日本国民で平成12年6月11日までに生まれた人(選挙期日に満18歳以上)
  • 平成30年3月1日以前から新潟市の住民基本台帳に記載されている者
  • 上記の要件のほか、新潟市から住所を移した者で引き続き3カ月以上新潟市の住民基本台帳に記録されていた者であって、新潟市に住所を有しなくなった日後4カ月を経過しない者(転出先で名簿登録された場合を除く。)

上記の条件を満たす人を各行政区の選挙人名簿(投票区ごとに作成)に登録します。

上記により選挙人名簿に登録された人でも、次の人は投票できません。

  • 禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者
  • 禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)
  • 公職にある間に犯した刑法第197条から第197条の4までの罪又は公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律第1条の罪により刑に処せられ、その執行を終わり若しくはその執行の免除を受けた者でその執行を終わり若しくはその執行の免除を受けた日から5年を経過しないもの又はその刑の執行猶予中の者
  • 法律で定めるところにより行われる選挙、投票及び国民審査に関する犯罪により禁錮以上の刑に処せられその刑の執行猶予中の者

住所を変えた人

市外から転入した人

 ・平成30年3月1日までに新潟市に転入の届出をし、以後引き続きお住まいの人は投票できます
 ・平成30年3月2日以後に新潟市に転入の届出をした人は投票できません

市内で住所を移した人(区間転居)

 ・平成30年5月8日までに転居の届出をした人は、新しい住所地の投票所となります。
 ・平成30年5月9日以後に転居の届出をした人は、転居前の住所地の投票所となります。

市外(県内)へ転出した人

 ・平成30年1月24日までに転出した人は、投票できません
 ・平成30年1月25日から2月9日までの間に転出した人は、転出した日の翌日を第1日として起算し、4か月後の応答日の前日まで期日前投票できますが、不在者投票及び選挙日当日の投票はできません(例:平成30年1月27日に転出した人は5月27日まで期日前投票できます。)。投票の際には「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」(以下「引続証明書」という。)または「引き続き県内に住所を有することの確認の申請」(以下「確認申請」という。)が必要となります。ただし、3月1日までに転出先に転入の届出をし、転出先の市町村の選挙人名簿に登録された人を除きます。
 ・平成30年2月10日以後に転出した人は、新潟市の選挙人名簿に登録されていれば投票できます。投票の際には引続証明書または確認申請が必要となります。ただし、3月1日までに転出先に転入の届出をし、転出先の市町村の選挙人名簿に登録された人を除きます。

市外(県外)へ転出した人

 ・投票できません。(ただし、転出(予定)日までは投票できます。)

住所を移転した人へのお知らせや、投票ができる人・できない人の一覧はこちらからダウンロードできます。

 住所を移転された皆様へのお知らせ(チラシ)です。

 「投票できる人・できない人」の一覧です。

引続証明書について

県知事選挙では、選挙人名簿に登録されている県内の市町村から同じ県内の他市町村に住所を移動した場合でも、選挙権を引き続き有することになっています(公職選挙法第9条第3項)。
このような人が投票する場合は引続証明書を提示するか確認申請をすることになっており、引続証明書は市区町村長(住民基本台帳担当課)が発行します(同法第44条第3項、同法施行令第34条の2、3)。確認申請は、投票所等で確認申請書を記入していただきます。※引続証明書は無料です。
なお、引続証明書の交付対象者および確認申請の対象者は次のとおりです。

  • 満18歳以上の人(平成12年6月11日までに生まれた人)
  • 選挙人名簿に登録されている新潟県内の市町村から、新潟県内の他市町村に定時登録基準日の3か月前の日の翌日(平成30年3月2日)以後に転出し、引き続き転出先市町村に住所を有する人

引続証明書の申請書はこちらからダウンロードできます。

記載例にならって記入のうえ、いずれかの市区町村の住民基本台帳担当課へ提出してください。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

選挙管理委員会事務局
〒951-8068 新潟市中央区上大川前通8番町1260番地1(上大川前庁舎2階)
電話:025-226-3343 FAX:025-225-5155

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る