このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

7. AEDについて

最終更新日:2019年1月10日

受付日:平成30年11月19日 年齢:30歳代

ご意見・ご提案

 新潟市にもAEDの設置が増えておりますが、商業施設や公共施設が少ない住宅地ではなかなか設置が増えていないようです。心肺停止から救急車が到着するまで、迅速にAEDを使用することで、傷病者の社会復帰率が大きく向上することが明らかになっておりますので、ぜひ新潟市全域において、数分以内にAEDを取りに行ける環境作りを進めていただけますよう、お願い致します。安心安全な新潟市になりますよう、ご検討お願い致します。
 また、新潟市のホームページ上のAED設置箇所について、ぜひ公共の施設以外にも設置している場所を随時追加していただけますようお願い致します。一覧ではなく、地図のような形態で、いざというときに市民の誰もが簡単に設置場所が確認できるようなシステムをすすめていただきたいと思います。

回答

 本市のAED設置環境についてご意見をいただきました。
 AEDは、かけがえのない命を救うために有効な機器です。本市としてもその普及に取り組んでおり、平成30年6月1日現在、市の公共施設に設置しているAEDの台数は678台となりました。しかしながら、ご指摘のとおり、公共施設や医療機関等が少なく、AEDの設置環境として十分とはいえない地域もあると認識しています。
 このようなことから、本市では、市内全域で一刻も早くAEDを使用できる環境を作るため、消防局において「にいがた救命サポーター制度」に取り組んでおります。この制度は、心停止が疑われる119番通報時に、消防指令管制センターの指導で、通報場所近くの登録事業所の方からAEDを届けてもらう、または借りに来た人にAEDを貸出してもらい、救急隊が到着する前に一刻も早く必要な処置を行っていただく取り組みです。協力事業所については、市のホームページ「にいがた救命サポーター制度について」からご確認いただくことができます。
 また、地域コミュニティ協議会や自治会・町内会がAEDを設置する際には、設置費用の2分の1(上限30万円、下限10万円)を補助する「新潟市地域活動補助金(設備整備補助)交付事業」がありますので、自治会長や町内会長等を通じて、市の担当窓口へご相談いただきますようお願いします。
 公共施設以外の設置場所についても、市のホームページ上で閲覧できるように、とのご意見もいただきました。このご意見を受け、早速、市のホームページ「AED設置施設一覧」から、日本救急医療財団が運営している「全国AEDマップ」をご確認いただけるように整えさせていただきました。また、「AED設置施設一覧」の各施設所在地については、それぞれ地図上でご確認いただけるようにしていますが、すべての設置施設を簡単に確認できる地図のような形態で、とのご提案については、今後検討してまいります。
 これからも市民の皆さまが安心して暮らせるよう、AEDの設置場所および各種制度の周知に努めてまいります。

回答日:平成30年12月7日

担当課:地域医療推進課

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る