このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成29年11月10日 新潟市住みよい郷土推進協議会表彰式及び研修会

最終更新日:2018年5月17日

日時

 平成29年11月10日(金曜) 午後2時から

場所

 市内ホテル

 本日は、「平成29年度新潟市住みよい郷土推進協議会表彰式」に、多くの皆さまから出席していただきまして誠にありがとうございます。また、今回表彰をお受けいただいた皆さま、長年のご貢献ありがとうございました。これからもよろしくお願い申し上げます。そして、この「住み郷」が創立60周年という大きな節目を迎えることが出来ましたのも、皆さま方から長い間ご実践をしていただいたおかげということで、あわせて感謝申し上げます。
 
 本日は、このあとの講演で「健康であるために」という、とても実践的なお話を聞かせていただきます。われわれも、超高齢化社会の中で「健康寿命」を延伸していくことが新潟市にとって最大の課題のひとつだと認識しています。国民健康保険の方、後期高齢者医療の方、協会けんぽの方など新潟市民80万人のうち50万人分の健康データを分析しており、今は中学校区単位で見ています。「特定健診の受診率が一番低いのはこの区のこの中学校区です」というようなことを申し上げて、そこにはモデル地区になってもらい、特定健診の受診率を上げていただくという取り組みを、さらにきめ細かく推進していきたいと思います。
 
 新潟市は女性が長寿で、政令市の中で最も平均寿命が長いのが新潟の女性ということです。その反面、健康寿命をさらに伸ばしていくという努力が他のまちよりも必要だと感じています。男性の方はだいたい政令市の中で真ん中くらいか少し下の方ですが、こちらも健康寿命を延ばしていくということが同様に大きな課題だと思っています。
 
 皆さま方には、衛生害虫の駆除や環境美化にこれまで本当に熱心に取り組んでいただいています。そこに、さらに健康づくりの輪を広げようというようなお話で、新潟市では全国に先駆けて「地域の茶の間」を広げていますが、この地域の茶の間のモデル事業に全国各地から沢山の視察が来ています。
 
 国は、地域で医療・介護・看護を受けられるようにする「地域包括ケア」を推進しています。しかし、それだけでは安心安全な暮らしにはならない、地域での新しい支え合いや助け合いの仕組み、そして皆が寄りあえる場所が必要だということで、地域の茶の間モデルハウスを各区に立ち上げていただきました。そこで学んで、より身近なところで地域の茶の間を作っていただければと思います。
 
 全国各地から視察が来るということは、どこもそれだけ困っているということです。私どもも、安心安全な政令市、日本一安心な政令市の土台をしっかり重ねていきます。新潟市はまちなか、田園部、住宅地がそれぞれあり、新潟市が成功すれば全国どこでも通用すると思います。これからも健康寿命の延伸、健康寿命ナンバー1の新潟市をつくるということを土台に、皆さま方とともに地域づくりに磨きをかけてまいりたいと思いますのでこれからもよろしくお願い申し上げまして、私からの感謝のあいさつとさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

関連リンク

このページの作成担当

秘書課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館3階)
電話:025-226-2043 FAX:025-222-0820

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長発言集(平成29年度)

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る