このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

庁議概要(令和3年4月26日)

最終更新日:2021年4月28日

連絡事項等

1 新潟市LINE公式アカウントの運用開始と活用について(政策企画部長)

  • 「新潟市LINE公式アカウント」について、令和3年4月27日(火曜)から運用を開始する。
  • 「新潟市LINE公式アカウント」の大きな特徴は、利用者から欲しい情報を事前に登録いただくことで、各所管部署が希望者を対象に情報を配信できる点である。
  • 「新潟市LINE公式アカウント」については13大学との包括連携協定の枠組みを活用し、一般公開に先駆けて、市内の学生へ友だち登録の呼びかけを行っている。
  • 所管部署の情報配信に積極的な活用をお願いしたい。
  • 詳細は資料1のとおり。

2 新潟市公文書管理条例について(総務部長)

  • 「新潟市公文書管理条例」は、文書を作成、取得してから、保存期間を満了し、文書館に移管、利活用されるまでの文書のライフサイクル全体を通じての管理を規律するものである。
  • 条例の施行日は、令和3年10月1日を基本とし、特定歴史公文書に関する事項は、12月に予定している文書館の開館日を、行政文書の整理に関する事項については、令和4年4月1日を施行日とする。
  • 詳細は、資料2のとおり。

3 「統計グラフ」及び「ポケット統計」の発行について(総務部長)

  • 「統計グラフ」及び「ポケット統計」の最新版が完成した。

4 緊急事態宣言の発令及び本市における感染状況の拡大に伴う対応について(総務部長)

  • 緊急事態宣言が発令された場合のこれまでの取り組みに加えて、新潟市における感染拡大の一例としてあげられた「昼食時にマスクを外し会話しながらの飲食」を慎むことも盛り込んだ。
  • 県外への公務出張を原則禁止するとともに、今週末からの大型連休を前に、県境をまたぐ旅行や帰省などの私的な外出についても、できる限り慎んでもらうようお願いしている。
  • 市民の皆さまに大きな負担や行動自粛を求めている中、新潟市職員には特に緊張感をもって行動してもらいたい。

市長より

  • LINEについては、若い世代をはじめ、新たな媒体に習熟している方々に向けて、情報を発信する体制が整ったので、新潟市役所全体で新しい情報発信の媒体について情報を整理し、積極的に活用してもらいたい。
  • 公文書管理条例については、条例の趣旨に則って、より一層の適正な文書管理に努めてもらいたい。業務が増えてくるようであれば、よく整理をして対応してもらいたい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務部 総務課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館5階)
電話:025-226-2409 FAX:025-228-5500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る