このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

庁議概要(平成28年12月5日分)

最終更新日:2017年1月4日

報告事項等

1 「大和デパート 記憶と希望 ~まちへ行こう~ 展」の開催について(文化スポーツ部長)

  • 県内の芸術関係者などで構成する「にいがたアートサーカス」が中心となり、旧大和デパートを会場に、かつての古町の賑わいを思い出し街の再生に向け開催する。
  • 開催期間は、平成28年12月16日(金曜)から平成28年12月25日(日曜)の10日間。職員皆様の協力と来場をお願いしたい。
  • 詳細は、資料1のとおり。

2 共生のまちづくり条例・職員対応要領に係る職場研修の実施及び配慮・改善事例の報告について(福祉部長)

  • 当市では、障がいを理由とした差別を禁止する共生のまちづくり条例を施行するとともに、条例に基づく職員対応要領を定めている。
  • 障害者週間に合わせ、所属長から所属職員全員に研修及び事例検討を依頼する。
  • 各所属で行われた障がいのある方への配慮・改善事例を、部・区の主管課で取りまとめて報告をお願いしたい。
  • このような小さな取組みにより、障がいのある人もない人も暮らしやすくなり、また、身のまわりで何か配慮・改善できることがないか、考えるきっかけにしてほしい。詳細は、資料2のとおり。

3 新潟市共通商品券の購入について(経済部長)

  • 協同組合新潟市商店連合会が発行している新潟市共通商品券は、市内940店舗で利用でき、6年連続売上日本一である。ご活用いただき、市内の消費拡大につなげていただきたい。
  • 詳細は、資料3のとおり。

市長より

  • 4期目の2年が過ぎ、公共交通、農業特区そして文化創造の3分野でいい土台を作ってもらい、感謝している。
  • 鳥インフルエンザがまだまだ非常に心配な状況である。
  • 一人の教師の自覚不足の発言により、市の教育のみならず、市民性まで疑われるようなことが起きてしまった。

横浜であれだけの騒ぎが起きたのに、これが自分の抱えているクラスの中で、前に相談を受けたことはこれと同じことなのだというようになぜ思い至らないのか不思議でならない。直ちに学校の幹部に報告すべきだった。
何々菌というのはかわいい意味で使っていたとか、そんなことが許されるものではないということを担任が子供たちに教えなければいけないのに、世の中というのが少しも見えていなかったと言わざるを得ない。
その子が一日も早く、負担のない形で登校するという日を早く迎えるように、全力を挙げていきたい。
これを機にいじめのとらえ方、いじめにどう向き合うのか、いじめというのは許せないことなのだということを全教職員、そして我々も含めて、もう一度、意識の改革をしなければならない。また、改めて先生への徹底研修を繰り返してもらう。
この件について聞かれたら、少なくとも教師の中の一人に全く社会というものを見ていない、本当に小さな世界に閉じこもっていて軽い気持ちで言ったことが大変な結果をもたらした。これから絶対にそういうことのないようにするということを、市民の皆さんに説明していただきたい。

  • 年末年始、より気を引き締めて、公務員としての行動を幹部職員から範を示してほしい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務部 総務課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館5階)
電話:025-226-2409 FAX:025-228-5500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る