このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

庁議概要(平成28年9月5日分)

最終更新日:2016年9月27日

報告事項等

1 健幸サポート倶楽部について(保健衛生部長)

  • 生活習慣病予防や健康寿命の延伸に向け、より多くの方から参加していただけるウォーキングを主体とした事業にリニューアルした。
  • 健康づくりに取り組むチャンスなので、積極的な参加をお願いしたい。
  • 詳細は、資料1のとおり。

2 「シニア半わり」の受付状況について(都市政策部長)

  • 8月29日から分館特設窓口において受付を開始し、9月2日までの5日間に約3,300人が訪れ、分館ホールが大変混雑した。多くの所属から協力をいただき、お礼を申し上げたい。
  • 現在は、市役所での受付を終了し、新潟交通のバスセンター及び営業所窓口において手続きを行っている。問合せなどがあったら、都市交通政策課へ連絡してほしい。

3 2016にいがたし下水道まつりについて(下水道部長)

  • 今年も下水道まつりを、9月10日(土曜)に古町モール7において開催する。当日は、下水道をわかりやすく紹介するほか、様々なイベントを用意している。市民の皆さんから下水道の理解を深めていただきたい。
  • 今年は車での来場者に対し、西堀地下駐車場2時間無料券の配布も行うのでPRをお願いしたい。
  • 詳細は、資料2のとおり。

市長より

  • 「日韓ハンガウィ祭り」や「にいがた総おどり」など、秋に向けて各地でイベントが行われる。大いに盛り上げていただきたい。
  • 「シニア半わり」については、非常に反応が良いが、幹部職員は、問合せにしっかり答えられるようにしてほしい。
  • 新バスシステムがスタートして1年となり、発足当初はシステムトラブルなどでご迷惑をおかけした。利用者については微増となる見込みで、バスを持続可能にする土台が利用者皆様のおかげでできあがった。
  • BRTについてはまだ発展途上だが、乗り継ぎ、乗り換えを一部の方にお願いすることで、バスを持続可能にするというシステムは1年間で稼働できたと思う。
  • 連節バスについても、ソフト面でまだまだ改良、改善できる。福岡市のBRTで西鉄が連節バスを15台導入予定ということなので、西鉄のやり方を新潟交通からも活用できるところは大いに活用していってほしい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務部 総務課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館5階)
電話:025-226-2409 FAX:025-228-5500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る