このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

あたらしいかたち 新潟県人作家展2019

最終更新日:2019年9月9日

会期 2019年9月14(土曜)~11月10日(日曜)

※月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館。10月28日は開館)

令和元年、新潟の美術の現在(いま)を展望する

当館は、地域ゆかりの作家や作品を紹介する展覧会を継続して行なってきました。地域に根ざした展覧会の開催は、地方の公立美術館の一つの使命といえます。本展では、洋画・工芸部門をとりあげ、団体への所属の有無に関わらず、様々な場で発表を重ねる県人作家の作品が一堂に会します。
また「あたらしいかたち」というタイトルは、精力的に活動を続ける作家の新しい表現の形、そして「新潟」という地名に結びついています。地名の由来は諸説ありますが、かつて無数にあった潟(かた)は、本県の豊かな風土と文化を形成しました。現存する潟は、地域の憩いの場として親しまれています。
新たな元号へと変わった2019年、本県の文化の発展に貢献し、地域で親しまれる作家たちの多彩な表現を通し、新潟の美術の現在を感じていただければ幸いです。

展覧会チラシ

展覧会チラシ(A3サイズ二つ折り、中見開き4ページで配布)

展覧会の概要
会期

2019年9月14日(土曜)~11月10日(日曜)

休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館。10月28日は開館)

開館時間

午前10時から午後5時まで(観覧券販売は午後4時30分まで)

観覧料

当日券 
一般 700円 大学・高校生 300円 中学生以下無料
※有料20名以上は団体料金で2割引
※新潟県立植物園および新潟市鉄道資料館の入館券、SLばんえつクーポンを持参の方は2割引
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料
※障がい者、教育・保育活動などの観覧料の免除について(PDF:124KB)

前売券

前売券 
一般 550円(一般のみ) ※販売期間:8月9日(金曜)~9月13日(金曜)
前売券取扱所
セブンイレブン、インフォメーションセンターえん(メディアシップ1F)、
シネ・ウインド、新潟市職員生活協同組合、新潟県立万代島美術館のミュージアムショップ、新潟市美術館、新潟市新津美術館 
※NIC新潟日報販売店でもお取り寄せできます。

主催

新潟市新津美術館

共催 新潟日報社
後援

朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、
NHK新潟放送局、BSN新潟放送、N S T、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、
ケーブルテレビNCV、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、
ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ

あいてマンデ~!

月曜でも開館します。今回は10月28日(月曜)です。

こどもタイム

会場に音楽が流れるので、お話しながらご鑑賞できます。
日時 会期中の第1・第3の木曜日・日曜日 
午前10時から午後1時

託児サービス(無料)

鑑賞のための託児サービス
会期中の第2・第4の木曜・土曜
午前10時から正午
対象:生後6ヶ月から就学前のお子様
定員:3名程度
申込み:利用日の3日前までに新津美術館に電話(0250-25-1300)でお申込みください。
イベントのための託児サービス
鑑賞中に専門スタッフがお子様をお預かりします。
イベント開始30分前~終了30分後
[9月15日(日曜)・16日(月曜・祝)・22日(日曜)・29日(日曜)、10月5日(土曜)・13日(日曜)・19日(土曜)・27日(日曜)、11月2日(土曜)・3日(日曜)]
対象 生後6ヶ月~就学前のお子様 / 定員 3名程度
申込締切:利用の7日前まで

展覧会の見どころ

・本県の文化の発展に貢献する作家陣による多彩な洋画、版画、工芸作品が一堂に介します
・作品を通じて新潟の美術の現在(いま)を展望できます
・作家のレクチャーはじめ、充実したイベントも多数開催します

洋画-多様なテーマと個性を楽しむ-

 作家ひとりひとりが、油彩、アクリル、水彩で自分が追い求めるテーマを表現しています。具象から抽象まで、多様なテーマとともに作家の個性をお楽しみいただけます。

版画-多彩な技法による表現の違い-

 ひとくちに「版画」と言っても、その技法は多岐にわたります。木版や銅版など、技法の違いによる表現の効果にも注目しながらお楽しみください。

工芸-個性輝く手わざの美-

 陶芸や金工、漆や染織はじめ様々な技法で制作された作品たちをお楽しみいただきます。
 特別出品の作品として、佐渡の出身の宮田亮平《シュプリンゲン》2011年(BSN新潟放送蔵)も展示致します。

関連イベント

作家によるレクチャー(工芸編)「新潟の金工と竹工芸」

日時  9月16日(月曜・祝) 午後1時30分~3時
講師 市川正美氏、本間秀昭氏
会場 新潟市新津美術館 レクチャールーム
申込不要、参加無料(ただし展覧会の当日観覧券が必要)

作家によるレクチャー(洋画編)「笹岡了一と弟子たち」

日時  9月29日(日曜) 午後1時30分~3時
講師 中野雅友氏、堀研一氏、山田一郎氏
会場 新潟市新津美術館 レクチャールーム
申込不要、参加無料(ただし展覧会の当日観覧券が必要)

作家によるレクチャー(版画編)「新潟の版画について」

日時  10月13日(日曜) 午後1時30分~3時
講師 吉田志麻氏
会場 新潟市新津美術館 レクチャールーム
申込不要、参加無料(ただし展覧会の当日観覧券が必要)

ワークショップ「紙帯を使った立体作り」

日時  10月27日(日曜) 午後1時30分~3時30分
会場  新潟市新津美術館 レクチャールーム
講師 小飯塚眞理子氏
定員 20名(小学生以上)
※参加無料。ワークショップ当日は観覧券をご提示ください。
申込 電話で新津美術館(0250-25-1300)
申込期間 9月14日~(先着順、定員になり次第受付終了)

館長による美術講座「新潟のあたらしいかたち」

日時 9月15日(日曜) 午後1時30分~3時
会場 新潟市新津美術館 レクチャールーム
講師 新潟市新津美術館館長 横山秀樹
申込不要、参加無料

美術講座「高橋由一が見た新潟のかたち-明治を描いた石版画-」

日時 11月3日(日曜) 午後1時30分~3時
会場 新潟市新津美術館 レクチャールーム
担当 新津美術館学芸員 奥村真名美
申込不要、参加無料

学芸員によるギャラリートーク

日時  9月22日(日曜)、10月19日(土曜)、11月2日(土曜) 各日午後2時~(約30分)
会場  新潟市新津美術館 展示室内
申込不要、参加無料(ただし展覧会の当日観覧券が必要)

親子向けギャラリートーク

ワークシートを使って、親子で楽しく企画展を鑑賞しましょう。
日時  10月5日(土曜) 午後2時~(約30分)
会場  新潟市新津美術館 展示室内
申込不要、参加無料(ただし展覧会の当日観覧券が必要)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 新津美術館
〒956-0846 新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新津美術館
新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300

新着情報

カフェ、ショップ、通信販売

授業でご利用の方へ(教育、保育活動など)

障がいのある方へ

家族で楽しむために(無料託児サービスなど)

周辺の施設

お知らせ一覧

よくある質問

新津美術館公式ソーシャルメディア

新規ウィンドウで開きます。新潟市美術館(外部サイト)

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
© 2017 Niitsu Art Museum.
フッターここまでこのページのトップに戻る