このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成25(2013)年度展覧会

コレクション展 平成25(2013)年度

2013年度 コレクション展4 「小島丹漾・悦子」

会期 平成26年1月25日(土曜)~平成26年3月23日(日曜) 
新潟市出身で再興院展の同人であった小島 丹漾(たんよう)と、娘の小島 悦子の作品を展示します。(観覧無料)
出品作品 小島丹漾《北国の春信》、《雪祭の夜》、《昼(漁港)》、小島悦子《海の見える風景》 ほか
時間 午前10時~午後5時(休館日を除く)
会場 新津美術館2階 常設展示コーナー
観覧無料

新津美術館コレクション展-特別展- (1階市民ギャラリー)

平成26年1月25日(土曜)~平成26年3月12日(水曜)
新津美術館の所蔵品を展示します。当館の魅力ある作品の数々をご覧ください。

出品作品 麻田鷹司《那須岳》(寄託作品)、小島丹漾《雪国の人》、平松譲《荒川に沿って》、笹岡了一《夏の日(マカオ)》、
佐藤哲三郎《春丘》、佐藤昭平《海》、白井進《帰り道》、中島萬木《秋葉山》、下村良ノ介《逍遥》 ほか 全21点
時間 午前10時~午後5時(休館日を除く)
会場 新津美術館 1階市民ギャラリー
観覧無料

2013年度 コレクション展3 「新潟の風景」

平成25年11月9日(土曜)~平成26年1月18日(土曜)観覧無料 
新潟の古い町並みや郷愁を誘う風景を描いた作品をご紹介します。
出品作家 植木 寿美子、斎藤 應志、佐野 武次、渋谷 和之、高橋 五仙子、星野 勇 

新潟の古い町並みや郷愁を誘う風景を描いた作品をご紹介します。今回展示する作品の多くは、昔の写真や、作者が当時の様子を思い出しながら描いた作品です。

2013年度 コレクション展2 「自然のすがた・かたち」

平成25年8月3日(土曜)~10月14日(月曜) 入場無料
開館時間 午前10時~午後5時 
美しい自然の風景はわたしたちの心を和ませてくれます。また、自然は美しいだけでなく、峻厳な様子、幻想的な光景など、さまざまな表情を見せてくれます。

出品作品
中村 琢二「風景」、笹岡 了一「新緑磐梯」、笹岡 了一「太夫浜の風景」、佐藤 昭平「からたち」、白井 進「峠から」、佐藤 圀夫「雨後」、麻田 鷹司「那須岳」

2013年度 コレクション展1 「春・チューリップ」

平成25年4月2日(火曜)~5月12日(日曜)観覧無料 
春を描いた笹岡了一の絵画と、秋山庄太郎のチューリップの写真を展示します。

 笹岡了一(1907~1987)は、旧・中蒲原郡金津村(現・新潟市秋葉区)生まれの洋画家です。日展や光風会を主な作品発表の場としました。今回は、当館所蔵の笹岡了一作品から、春を感じさせる小品を選んで展示します。

平成25(2013)年度 展覧会詳細ページ一覧

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新津美術館
新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300

新着情報

カフェ、ショップ、通信販売

授業でご利用の方へ(教育、保育活動など)

障がいのある方へ

家族で楽しむために(無料託児サービスなど)

周辺の施設

お知らせ一覧

よくある質問

新規ウィンドウで開きます。新潟市美術館(外部サイト)

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
© 2017 Niitsu Art Museum.
フッターここまでこのページのトップに戻る