このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 展覧会
  • 常設展
  • コンサート
  • イベント
  • 市民ギャラリー
  • 施設ご利用案内
  • 交通案内
  • 美術館について
サイトメニューここまで


本文ここから

チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち

更新日:2014年8月17日

終了しました

チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち 2014年6月14日(土曜)~8月17日(日曜)

新潟市制125周年・在新潟ロシア連邦総領事館開設20周年記念ロシア文化フェスティバル2014 IN JAPAN関連事業


(C)2010 CMP/CP

 ある日オレンジの箱に入って、南の国からロシアにやってきた不思議な生き物チェブラーシカ。1966年エドゥアルド・ウスペンスキーの童話『ワニのゲーナとおともだち』に初登場し、ついで1969年人形アニメの巨匠ロマン・カチャーノフ監督によってアニメーション化されると、ロシアにおいて絶大な人気を誇る国民的キャラクターとなりました。大きな耳と茶色の毛、つぶらな瞳が特徴で、無邪気でひたむき、愛らしくて、どこか哀愁を帯びたチェブラーシカは、日本でも幅広い層に親しまれ、2010年にはロシアの二人の美術監督を迎え、日本人監督による新作映画が上映されました。
 本展は、人形アニメ『チェブラーシカ』のスケッチや絵コンテ、人形やマケット(舞台装置)、映像、童話の挿絵原画など貴重な作品を展示し、キャラクター誕生からその変遷、アニメーション映画の創作過程などを多面的に紹介し、その人気の秘密に迫ります。
 また、2012年に生誕100年を迎えたロシア・アニメの魅力を、名作『雪の女王』(1957年、レフ・アタマーノフ監督)のエスキース(下絵)や絵コンテをはじめ、現在活躍中のロシア・アニメ作家たちの原画、アニメ素材などで紹介します。
 さらに、新潟市制125周年及び在新潟ロシア連邦総領事館開設20周年を記念して新潟市で開催される、ロシア文化フェスティバル2014 IN JAPANのオープニング事業の一環として、原作者ウスペンスキーによる講演会や、ロシア・アニメの上映会なども行います。ロシア・アニメの世界を存分に楽しんでください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。チェブラーシカ オフィシャルサイト

「チェブラーシカ オフィシャルサイト」では、新津美術館での展覧会情報のほか、かわいいグッズやお知らせなどのチェブラーシカ情報がたくさん紹介されています。

展覧会概要
名称

チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち

会期・休館日

平成26年6月14日(土曜)から8月17日(日曜)
休館日 月曜日(7月21日・28日、8月11日は開館)、7月22日(火曜)

開館時間

午前9時30分から午後5時 (観覧券販売は午後4時30分まで)

会場

新潟市新津美術館
新潟市秋葉区蒲ヶ沢109-1 花と遺跡のふるさと公園内(新潟県立植物園となり)

観覧料

当日一般800円(640円) 大学・高校生600円(480円) 中学生以下無料
※カッコ内は、20名以上の団体、SLばんえつクーポン持参の方などの料金
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料(手帳をご提示下さい)

前売券販売

前売券 600円(一般のみ) 前売券販売所(5月24日から6月13日まで販売)
セブンイレブン(セブンコード:031-145)、セーブオン新潟県内各店、インフォメーションセンターえん(メディアシップ1F)、NIC新潟日報販売店、新潟県立近代美術館・新潟県立万代島美術館・新潟県立自然科学館の各ミュージアムショップ、新潟市美術館、新潟市新津美術館

主催

新潟市新津美術館

共催 新潟日報社、N S T
後援

ロシア文化フェスティバル組織委員会、ロシア連邦文化省、駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦CIS在外同胞国際人道協力庁、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)日本支部、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟、BSN新潟放送、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、NCV 新潟センター、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ

協力 チェブラーシカ・プロジェクト、株式会社フロンティアワークス、ロシア国立映画博物館、公益財団法人 徳間記念アニメーション文化財団、平凡社
企画 株式会社イデッフ
あいてマンデ~!

展覧会中の1~2回、月曜でも開館します!。
7月21日(月曜)、7月28日(月曜)、8月11日(月曜)は「あいてマンデ~!」

託児サービス
(無料)

会期中の第2・第4の木曜・土曜日 [6月14・26・28日、7月10・12・24・26日、8月9・14日] 
時間:午前10時から正午 
対象:生後6ヶ月から就学前のお子様 定員:3名程度(先着順)
利用日の3日前までに、電話でお申込みください。
イベント時託児サービス(イベント実施日のみ) 開催日:6月14日(土曜)・7月13日(日曜)
利用日の7日前までにお電話でお申込みください。定員:10名程度(先着順)
新潟市新津美術館 電話:0250-25-1300

こどもタイム

会期中の第1・3木曜・日曜日 [6月15・19日、7月3・6・17・20日、8月3・7・17日]
時間 午前10時~午後1時 会場に音楽が流れます。親子やお友達で会話を楽しみながらご鑑賞できます。(この時間帯は周りのお客様のご理解をお願いします。)

展示構成

第1部 「チェブラーシカ」の誕生と絵本の中の「チェブラーシカ」

1966年に初めて「チェブラーシカ」が生み出された、ウスペンスキーの著書『ワニのゲーナとおともだち』の初版本をはじめ、様々な画家の手により挿絵や絵本に描かれた原画を紹介します。


ワレーリー・セルゲーヴィチ・アルフェーエフスキー「ワニのゲーナとおともだち」


タチヤーナ・ウスヴァイスカヤ「チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち」

第2部 アニメーション化とキャラクターの変遷

ロマン・カチャーノフ監督、レオニード・シュワルツマン美術監督による人形アニメ『チェブラーシカ』(1969‐1983年制作)により人気は高まり、キャラクター・イメージも定着してきました。一方、様々なキャラクターグッズは個性豊かなものでした。アニメ制作のイメージスケッチや制作関係者のインタヴュー映像、キャラクターグッズなどご紹介します。


(C) 2010CMP/CP

第3部 新作チェブラーシカ

2010年に公開された中村誠監督の劇場版『チェブラーシカ』は、ロシアのミハイル・アンダーシンとミハイル・トゥメーリャを美術監督に迎え、韓国のスタジオでの撮影という多国籍チームにより制作され、新たな魅力が加えられました。キャラクターデザインや、撮影で使用したエスキース(下絵)、人形、マケット(舞台装置)などをご覧いただきます。

第4部 チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち

日本のアニメ作家にも大きな影響を与えてきたロシア・アニメーションから、新旧のアニメーション「チェブラーシカ」に携わった作家たちを中心に、セル画、素材、絵コンテ、エスキース(下絵)、映像等で紹介します。


ミハイル・アルダーシン「クリスマス物語」


アレクサンドル・ヴィノクーロフ/レオニード・シュワルツマン「黄金のかもしか」


タチヤーナ・ウスヴァイスカヤ「チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち」

関連事業

ロシア・アニメーション上映会 6月15日、7月6日・27日、8月17日(日曜) 午後2時~


アレクサンドル・ヴィノクーロフ「雪の女王」

1969年~1983年に制作されたロマン・カチャーノフ監督による『チェブラーシカ』をはじめ、1957年制作の『雪の女王』や、短編映画などのDVDを4日間にわたって上映いたします。ロシアの伝統的な芸術に根差した作品づくりを行い、日本のクリエイターにも刺激を与えた、ロシア・アニメーション映画を存分にお楽しみください。
時間 各日午後2時~(上映時間は約45分~60分)
会場 新潟市新津美術館1階 レクチャールーム
定員 先着100名 
参加無料 事前申込み不要(ただし当日整理券が必要です) 
※整理券は、当日午後0時30分から会場付近にて配布します。

上映プログラム
6月15日(日曜) 「チェブラーシカ」4本 (約60分)
 ロマン・カチャーノフ監督『ワニのゲーナ』1969年、『チェブラーシカ』1971年、『シャパクリャク』1974年、『チェブラーシカ学校へ行く』1983年
7月6日(日曜) 「ミトン」他短編3作品 (約45分)
 ロマン・カチャーノフ監督『ミトン』1967年 他
7月27日(日曜) 「雪の女王」 (約60分) 
レフ・アタマーノフ監督『雪の女王』1957年
8月17日(日曜) 「チェブラーシカ」4本 (約60分)
 ロマン・カチャーノフ監督『ワニのゲーナ』1969年、『チェブラーシカ』1971年、『シャパクリャク』1974年、『チェブラーシカ学校へ行く』1983年

ロシア音楽miniコンサート 2014年6月21日(土曜) 終了しました


イントゥラーダ

新津美術館アトリウムで、2010年全ロシア音楽コンクールで優勝したグループ・イントゥラーダによる弦楽演奏を行います。

日時 2014年6月21日(土曜) 午前11時~(30分程度)
会場 新津美術館アトリウム
参加費 無料(ただし観覧券が必要です) 事前申し込み不要
演奏 弦楽アンサンブル イントゥラーダ (全ロシア音楽コンクール優勝者)
【演奏者】 ビオラ:オリガ・ヴェロチコ、ヴァイオリン:ユリヤ・オルロヴァ、
チェロ:ニコライ・ペレぺロフ、ヴァイオリン:ニキータ・スヒフ

2007年にロシア人芸術家のA・E・フランツェヴァ教授のクラスで結成されたカルテット。各種コンクールやフェスティバルに参加する一方、年間20回から30回のコンサートを行っている。レパートリーは広く、様々な時代や様式の作曲家の作品がある。

親子たいけん教室「アニメーションに挑戦!」 2014年7月13日(日曜) 終了しました

アニメーションの作り方を学び、パラパラアニメーション作りを体験します。
講師 福澤大玄氏(日本アニメ・マンガ専門学校講師) 
日時 2014年7月13日(日曜) 午前10時~正午
会場 新潟市新津美術館1階 レクチャールーム
参加費 1人300円(材料費:付添のみの場合は必要ありません) 
対象 小学生と保護者
定員 20組 要申し込み(締切:6月30日(月曜)必着)
申込方法 
往復ハガキで新津美術館(〒956-0846 新潟市秋葉区蒲ケ沢109-1)「たいけん係」宛に、【(1)参加者全員の氏名(お子さまの学年) (2)住所 (3)電話番号】を明記の上、平成26年6月30日(月曜)必着にてお申込み下さい。(定員を超えた場合は抽選となります)

新津美術館ボランティアによる「絵本の読み聞かせ」 下記日曜日の午後1時~、午後2時~ 終了しました

日時 6月29日(日曜)・7月20日(日曜)・8月3日(日曜)・8月10日(日曜) 午後1時~、午後2時~(20~30分程度)
会場:新津美術館アトリウム
参加費:無料(ただし観覧券が必要です) 事前申込み不要

新津美術館コレクション展2 「東欧の絵本原画」 6月14日(土曜)~8月17日(日曜) 観覧無料


エレナ・ラチッチ「セルビアのわらべ唄のために」(1997)

2014年6月14日(土曜)~8月17日(日曜) 
当館のコレクションから、ブラチスラヴァ世界絵本原画展の1998年日本巡回展の出品作品を展示します。 観覧無料

ロシア文化フェスティバル2014 IN JAPAN〈新潟オープニング〉事業

ウスペンスキー氏による「チェブラーシカ」講演会 2014年6月14日(土曜) 終了しました 


ウスペンスキー氏

チェブラーシカの生みの親でロシアを代表する児童文学作家のウスペンスキーさんの5年ぶりの来日を機に、チェブラーシカ誕生の物語とその秘密について、語っていただきます。

日時:2014年6月14日(土曜) 午前10時30分~正午 
講師:エドゥアルド・ウスペンスキー氏 (チェブラーシカの生みの親:児童文学作家)
会場:新津美術館1F レクチャールーム
参加費:無料 定員:100名(定員を超えた場合抽選となります) 
要事前申込み (申込受付開始:5月7日~5月29日必着
申込方法 往復ハガキで、〒951-8550(住所記入不要)新潟市役所国際課「チェブラーシカ講演会係」宛に、【チェブラーシカ講演会参加希望 (1)参加者氏名・ふりがな(ハガキ1枚に2名まで)(2)代表者住所(3)電話番号】を明記の上お申込み下さい。
(定員を超えた場合は抽選となります)

主催 ロシア文化フェスティバル日本組織委員会・ロシア連邦文化省・ロシア連邦外務省 共催 新潟市

ロシアコレクション・古写真展 『明治の風景とそこにいた人々』 2014年6月20日(金曜)~6月29日(日曜) 終了しました

ロシアのコレクターが所蔵する明治の日本で撮影された古写真から、街の風景と人々を撮影した写真を展示します。
動乱の幕末と明治維新を乗り越え、西洋化の波の中で生きる人々の姿を写した、貴重な写真をお楽しみ下さい。

日時 2014年6月20日(金曜)~6月29日(日曜) 午前9時30分~午後5時
会場 新津美術館1階 市民ギャラリー
後援 一般財団法人日本カメラ財団、公益社団法人日本写真家協会

新津美術館のやさしいサービス

あいてマンデ~!

会期中月1~2回は月曜開館します。7月28日(月曜)、8月11日(月曜)は〈あいてマンデ~!〉です。

託児サービス

専門スタッフが、お子様を無料でお預かりします。(要事前申込み)
期間中の第2・第4の木曜・土曜日 午前10時から正午 対象:生後6ヶ月から就学前のお子様 定員:3名程度 
要事前申込み、利用日の3日前までにお電話でお申込みください。新津美術館 電話:0250-25-1300
イベント時の託児サービス(イベント実施日のみ、6月14日、7月13日) 利用日の7日前までにお電話でお申込みください。
定員:10名程度 

こどもタイム 

会期中の第1・3木曜・日曜日 時間 午前10時~午後1時 
会場に音楽が流れます。親子で会話を楽しみながらご鑑賞下さい。

交通案内

電車をご利用の場合

JR古津駅から徒歩25分
JR新津駅からタクシー15分、またはJR矢代田駅からタクシー5分
JR新津駅から 新津駅東口から秋葉区バス「新津駅西口行」に乗車、「美術館・植物園前」下車徒歩すぐ。または、新潟交通バス「矢代田経由白根・潟東行」に乗車、「新津美術館入口」下車徒歩5分
JR矢代田駅から 秋葉区バス「新津駅東口行」に乗車、「美術館・植物園前」下車徒歩すぐ。または、新潟交通バス「新津駅行」に乗車、「新津美術館入口」下車徒歩5分

お車の場合 

新潟駅方面から:国道49号線を茅野山ICで403号線「三条・加茂方面」に進み「県立植物園入口」で左折、道なり約3分。
磐越自動車道:新津ICから約20分、または新津西スマートICから約15分 (新津西スマートICは福島方面への出入りはできません。)
無料駐車場170台あり(県立植物園駐車場も駐車可)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 新津美術館
〒956-0846 新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
Copyright(C)2012 Niitsu Art Museum. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る