新潟市ホームページ

■もしもの災害に備えて


災害はいつ起こるか分かりません。
もし災害が起きたらどうしますか?災害発生時には「慌ててしまって何もできなかった」とか
「頭では分かっていても、体が動かなかった」などという話を聞きます。
日ごろからどんなことを心がけ、また、いざという時どう行動すればよいのか。
行動力を養うためのポイントを紹介します。

■避難場所を確認する!


自分の身に危険が迫った時や、避難勧告などの避難情報が発令されたときは、ただちに避難しなければなりません。
そのようなとき、避難場所を知らなくては大変!地震が起きたとき、水害が起きたとき、その他のさまざまな災害が起きたときなど、いろいろな場合を考えて避難場所を2カ所以上決めておいてください。仮に外出などで連絡が取れなかった場合でも、避難場所に行けば必ず会えます。
もしもの時に備え、避難場所までの避難経路も、実際に道を歩いて事前にしっかりチェックしておきましよう。

■積極的に情報を集めよう!


新潟市からは、同報無線(一部地域)で放送したり、広報車でまわるほか、以下のとおり情報発信しておりますので、積極的に活用しましょう。

にいがた防災メール(詳しくはこちら)


避難に関する情報などをメール配信しています。

新潟市気象情報サイト


雨量・風向・風速の最新観測データを確認できるサイトです。携帯からも利用可能です。


モバイル版はこちらへアクセスしてください


■避難の心得


避難をするときは、以下の点に気をつけましょう。

避難時の服装イメージ
電気のスイッチの画像
避難する前に、ガスの元栓を閉めて、電気ブレーカを落とすなどもう一度火の元を確かめて。

連絡メモの画像
外出中の家族には連絡メモを。

親子の画像
お年寄りや子どもの手はしっかり握って。

狭い道の画像
避難場所へ移動するとき、狭い道、塀ぎわ、川べりなどは避ける。

荷物の画像
荷物は最小限のものに。

徒歩の画像
避難は徒歩で。車やオートバイは厳禁。

近所の人たちの画像
近所の人たちと集団で、まず安全な場所に集合。

避難所看板の画像
避難はもよりの避難場所へ。

■非常持出品を用意しよう!


日ごろの備えは万全ですか?最低3日間自力でしのぐ用意をしましょう。

食料・医薬品

照明

燃料

その他


■自分たちの町は自分たちで守ろう!


災害が発生した時、「今、ここで」助けの手を差し伸べられるのは、近隣の人どうし。情報連絡や消火活動、被災者の救出・救護、給食・給水など災害を乗り切るためには、地域でのお互いの協力が欠かせません。体の不自由な人やお年寄りを優先に「自分たちの町は自分たちで守る」を合言葉に防災活動に取り組みましょう。



■問い合わせ

危機管理防災局 防災課
電話:025-226-1143
FAX:025-224-0768
所在地:〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館3階)


[0]ページトップへ
[*]戻る
[#]新潟市モバイル情報へ

新潟市役所
〒951-8550
新潟市中央区学校町通1番町602-1
電話:025-228-1000(代表)
市役所コールセンター
電話:025-243-4894
(年中無休:午前8時〜午後9時)

(C) 2017 Niigata City.