このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

申告と納税

最終更新日:2019年4月1日

個人市・県民税の申告について

その年の1月1日現在、新潟市に住んでいる人は、前年中の所得等について3月15日までに市・県民税の申告をする必要があります。
ただし、次に該当する場合で各種控除を追加する必要がない人は、申告する必要はありません。その場合は、税務署に提出された所得税の確定申告書や勤務先から提出された給与支払報告書、年金支払者から提出された公的年金等支払報告書に基づき、市・県民税を計算し課税します。

  • 所得税の確定申告書を提出する人
  • 給与所得のみの人で、勤務先から新潟市へ給与支払報告書が提出されている人
  • 公的年金等の所得のみで、他に収入がない人

個人市・県民税の納税の方法

市・県民税の納税方法は、納税通知書で納めていただく普通徴収と、勤務先の給与又は公的年金から天引きして納めていただく特別徴収の方法があります。

普通徴収(納税通知書で納めていただく方法)

事業所得者などの市・県民税については、市が送付する納税通知書によって、税額を年4回に分けて納めていただきます。
納期限:6月、8月、10月、翌年1月の末日(ただし、納期限が土曜、日曜、祝日等にあたる場合は、翌開庁日となります。)

特別徴収(給与から天引きして納めていただく方法)

給与所得者の市・県民税については、原則として給与支払者(この場合「特別徴収義務者」といいます。)が、税額を6月から翌年5月までの12回に分け、毎月の給与支払いの際に、納税者の給与から天引きして納税者に代わって納めていただきます。
納期限:徴収した月の翌月10日(ただし、納期限が土曜、日曜、祝日等にあたる場合は、翌開庁日となります。)

特別徴収(公的年金等から天引きして納めていただく方法)

平成21年10月から公的年金等の所得にかかる市・県民税については、年金支払者が2ケ月に1度の年金支払時に天引きして納税者に代わって納めていただくことに変わりました。
対象者は、その年の4月1日現在、年齢が65歳以上の公的年金等受給者で、厚生年金、共済年金などの公的年金等の所得にかかる市・県民税の納税義務者が対象になります。ただし、次に該当する場合は、特別徴収の対象となりませんので、普通徴収の方法により納めていただくことになります。

  • 公的年金給付金額が年額18万円未満である場合
  • その年度の特別徴収税額が公的年金給付金額の年額を超える場合
  • 特別徴収の方法によって徴収することが著しく困難である場合

※公的年金等の所得以外の所得にかかる市・県民税については、公的年金等からの天引きはできません。

新たに公的年金から特別徴収される人(公的年金等の所得のみの人の場合)

10月の年金支給日からしか天引きすることができないため、市・県民税の年税額の2分の1に相当する前期分は、第1期分と第2期分の納税通知書で普通徴収により納めていただくことになり、残りの2分の1に相当する後期分が、10月、12月、翌年2月に分けて年金から天引きして納めていただくことになります。

初年度の特別徴収(公的年金等から天引き)について

徴収
区分

普通徴収分(従来どおり)

特別徴収の本徴収分

時期 第1期(6月)

第2期(8月)

10月

12月

翌年2月

納税額 年税額の4分の1 年税額の4分の1 年税額の6分の1 年税額の6分の1 年税額の6分の1

前年度に引き続いて公的年金から特別徴収される人(公的年金等の所得のみの人の場合)

4月、6月、8月の年金より天引きする金額は、前年度の年金所得分の年税額の2分の1を3等分した(つまり6分の1の)金額となります。
年税額が確定後、4月、6月、8月に仮徴収として年金から天引きした金額を差し引いて、残った税額を10月、12月、翌年2月に分けて年金から天引きして納めていただくことになります。

2年目以降の特別徴収(公的年金等から天引き)について
徴収区分 特別徴収の仮徴収分 特別徴収の本徴収分
時期

4月

6月

8月

10月

12月

翌年2月

納税額 (前年度の年金所得分の年税額の2分の1)÷3

(前年度の年金所得分の年税額の2分の1)÷3

(前年度の年金所得分の年税額の2分の1)÷3

当年度の年税額から仮徴収分(4・6・8月の天引き分)を控除した金額の3分の1 当年度の年税額から仮徴収分(4・6・8月の天引き分)を控除した金額の3分の1 当年度の年税額から仮徴収分(4・6・8月の天引き分)を控除した金額の3分の1

平成28年度以降の公的年金からの特別徴収について

1月1日以降に市外へ転出した場合、平成28年10月以降は、転出した時期に応じて公的年金からの特別徴収を継続することとされました。
また、公的年金からの特別徴収税額が変更になった場合も、平成28年10月以降は、公的年金からの特別徴収を継続することとされました。ただし、特別徴収税額が変更になった時期によっては、特別徴収ではなく普通徴収(納税通知書による納付)の方法で納めていただくことがあります。(詳しくは「平成28年度適用:公的年金からの特別徴収制度の見直し」を参照)

普通徴収と特別徴収を同時に選択する場合

給与所得と公的年金等にかかる所得以外の所得に対する市・県民税については、申告の際に、給与から天引きして納めていただく特別徴収か、納税通知書で納めていただく普通徴収か選択することができます。その際は、申告書に選択する記入欄がありますので、申告書を提出する際、お忘れなくご記入下さい。
65歳以上の公的年金等受給者で、公的年金等の所得にかかる市・県民税については、本人の希望にかかわらず、普通徴収を選択することはできません。

お問い合わせ先

このページの作成担当

市税事務所 市民税課
新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-2243 FAX:025-223-4958

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る