このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

悪臭防止対策

更新日:2017年8月14日

 悪臭は人の感覚に直接訴える公害だけに、古くから住民の健康で文化的な生活環境を損なうものとして問題にされてきました。そのため悪臭については悪臭防止法や新潟市生活環境の保全等に関する条例により規制がなされています。
 悪臭を防止するには、まず悪臭物質の発生の少ない原材料を選ぶとともに、製造・加工工程や処理方法を改善して、悪臭物質の発生を少なくすることが大切です。それでも発生する場合は、脱臭装置などを使用して工場・事業場の周辺住民が不快感をもつことがないよう除去する必要があります。

Index

1 悪臭防止法による規制

(1) 悪臭防止法の概要
(2) 特定悪臭物質による規制

  • 特定悪臭物質とは
  • 敷地境界線上の規制基準
  • 排出口の規制基準
  • 排出水の規制基準
  • 特定悪臭物質規制区域図面

(3) 臭気指数による規制

  • 臭気指数とは
  • 敷地境界線上の規制基準
  • 排出口の規制基準
  • 排出水の規制基準
  • 臭気指数規制区域図面

2 新潟市生活環境の保全等に関する条例による規制

(1) 新潟市生活環境の保全等に関する条例の概要

(2) 規制基準

規制地域
指定施設(届出様式一覧
規制値
規制区域図面

1 悪臭防止法による規制

(1) 悪臭防止法の概要

悪臭防止法は悪臭の原因となる物質を定め、それらの悪臭物質を規制するため、市長が規制地域の指定、規制基準の設定を行うとともに、規制基準に適合しない悪臭物質を排出している工場・事業場に対しては改善勧告、改善命令を出して是正させることができることにより、悪臭公害を防止していくこととなっています。
 住民の生活環境を保全するため悪臭を防止する必要があると認める地域を、工場その他の事業場における事業活動に伴って発生する悪臭物質の排出(漏出)を規制する地域として、市長が指定しています。地域の詳細については環境対策課にお問い合わせください。
 「規制地域」内に工場その他事業場を設置しているものは、当該規制地域についての「特定悪臭物質」ごと、または「臭気指数」の「規制基準」を遵守しなければなりません。

(2)特定悪臭物質による規制

特定悪臭物質とは

悪臭公害の主要な原因物質として、現在22物質が規制対象になっています。

特定悪臭物質22物質
物質名 におい 主な発生源
アンモニア し尿のようなにおい 畜産事業場、化製場、し尿処理場等
メチルメルカプタン 腐った玉ねぎのようなにおい パルプ製造工場、化製場、し尿処理場等
硫化水素 腐った卵のようなにおい 畜産事業場、パルプ製造工場、し尿処理場等
硫化メチル 腐ったキャベツのようなにおい パルプ製造工場、化製場、し尿処理場等
二硫化メチル 腐ったキャベツのようなにおい パルプ製造工場、化製場、し尿処理場等
トリメチルアミン 腐った魚のようなにおい 畜産事業場、化製場、水産缶詰製造工場等
アセトアルデヒド 刺激的な青ぐさいにおい 化学工場、魚腸骨処理場、タバコ製造工場等
プロピオンアルデヒド 刺激的な甘酸っぱい焦げたにおい 焼付け塗装工程を有する事業場等
ノルマルブチルアルデヒド 刺激的な甘酸っぱい焦げたにおい 焼付け塗装工程を有する事業場等
イソブチルアルデヒド 刺激的な甘酸っぱい焦げたにおい 焼付け塗装工程を有する事業場等
ノルマルバレルアルデヒド むせるような甘酸っぱい焦げたにおい 焼付け塗装工程を有する事業場等
イソバレルアルデヒド むせるような甘酸っぱい焦げたにおい 焼付け塗装工程を有する事業場等
イソブタノール 刺激的な発酵したにおい 塗装工程を有する事業場等
酢酸エチル 刺激的なシンナーのようなにおい 塗装工程または印刷工程を有する事業場等
メチルイソブチルケトン 刺激的なシンナーのようなにおい 塗装工程または印刷工程を有する事業場等
トルエン ガソリンのようなにおい 塗装工程または印刷工程を有する事業場等
スチレン 都市ガスのようなにおい 化学工場、FRP製品製造工場等
キシレン ガソリンのようなにおい 塗装工程または印刷工程を有する事業場等
プロピオン酸 刺激的な酸っぱいにおい 脂肪酸製造工場、染色工場等
ノルマル酪酸 汗くさいにおい 畜産事業場、化製場、でんぷん工場等
ノルマル吉草酸 むれた靴下のようなにおい 畜産事業場、化製場、でんぷん工場等
イソ吉草酸 むれた靴下のようなにおい 畜産事業場、化製場、でんぷん工場等

敷地境界線上の規制基準(特定悪臭物質1号規制)

敷地境界線上の規制基準値(ppm)
物質名 規制区域 物質名 規制区域
A区域 B区域 物質名 A区域 B区域
アンモニア 1 2 イソバレルアルデヒド 0.003 0.006
メチルメルカプタン 0.002 0.004 イソブタノール 0.9 4
硫化水素 0.02 0.06 酢酸エチル 3 7
硫化メチル 0.01 0.05 メチルイソブチルケトン 1 3
二硫化メチル 0.009 0.03 トルエン 10 30
トリメチルアミン 0.005 0.02 スチレン 0.4 0.8
アセトアルデヒド 0.05 0.1 キシレン 1 2
プロピオンアルデヒド 0.05 0.1 プロピオン酸 0.03 0.07
ノルマルブチルアルデヒド 0.009 0.03 ノルマル酪酸 0.001 0.002
イソブチルアルデヒド 0.02 0.07 ノルマル吉草酸 0.0009 0.002
ノルマルバレルアルデヒド 0.009 0.02 イソ吉草酸 0.001 0.004

排出口の規制基準(特定悪臭物質2号規制)

悪臭物質の種類ごとに(メチルメルカプタン、硫化メチル、二硫化メチル、アセトアルデヒド、スチレン、
プロピオン酸、ノルマル酪酸、ノルマル吉草酸及びイソ吉草酸を除く。)次の式より流量を算出する。

流量の算出式
q=0.108×He2×Cm
q:流量(0℃、1気圧の状態に換算した立方メートル毎時)
He:補正された排出口の高さ(m)
Cm:敷地境界における規制基準値(ppm)

ただし、補正された排出口の高さが5メートル未満となる場合についてはこの式は適用しないものとする。

排出水の規制基準(特定悪臭物質3号規制)

排出水の規制基準値(mg/リットル)
排出水量(m3/s) Q≦0.001 0.001<Q≦0.1 0.1<Q
地域区分 A B A B A B
メチルメルカプタン 0.03 0.06 0.007 0.01 0.002 0.003
硫化水素 0.1 0.3 0.02 0.07 0.005 0.02
硫化メチル 0.3 2 0.07 0.3 0.01 0.07
二硫化メチル 0.6 2 0.1 0.4 0.03 0.09

特定悪臭物質規制区域図面

特定悪臭物質規制区域図面
区名 図面番号
北区 No.1(PDF:196KB) No.2(PDF:124KB)
東区 No.3(PDF:136KB) No.4((PDF:138KB))
中央区 No.4(PDF:138KB) No.5(PDF:129KB)
江南区 No.6(PDF:131KB) No.7(PDF:118KB) No.8(PDF:117KB)
秋葉区
南区
西区 No.8(PDF:117KB) No.9(PDF:103KB) No.10(PDF:98KB) No.11(PDF:128KB)
西蒲区

※上記図面は平成28年2月9日告示の「新潟市告示第71号」と同様の図面を用いています。

(3)臭気指数による規制

臭気指数とは

 「臭気指数」とは、具体的に臭気が感じられなくなるまで空気を希釈したときの希釈倍率です。

臭気指数=10×Log(臭気濃度)

敷地境界線上の規制基準(臭気指数1号規制)

敷地境界線上の規制基準
区域区分 第1種区域 第2種区域 第3種区域
臭気指数 10 12 13

排出口の規制基準(臭気指数2号規制)

悪臭原因物である気体で、煙突その他の気体排出施設から排出されるものの排出口における規制基準で、排出口の高さにより敷地境界線上の規制基準を基礎に算出されたもの。

排出口の規制基準
排出口の高さ 15m以上 悪臭防止法施行規則第6条の2第1項1号に規定する計算式を用いて算出された臭気排出強度
15m未満 悪臭防止法施行規則第6条の2第1項2号に規定する計算式を用いて算出された臭気指数

排出水の規制基準(臭気指数3号規制)

排出水の規制基準
区域区分 第1種区域 第2種区域 第3種区域
臭気指数 26 28 29

臭気指数規制区域図面

※上記図面は平成28年2月9日告示の「新潟市告示第71号」と同様の図面を用いています。

2 新潟市生活環境の保全等に関する条例による規制

(1) 新潟市生活環境の保全等に関する条例の概要

 近年、都市の過密化やスプロール化、生活様式の多様化、高度化に伴い、市民の環境汚染に対する関心が高まり、畜産業関係、資料肥料及び食品等の製造工場から発生する複合臭気に係わる悪臭苦情が多くなっています。
 新潟市生活環境の保全等に関する条例では悪臭の原因となる施設を定め、それらの施設を規制するため、市長が規制地域の指定、規制基準の設定を行うとともに、規制基準に適合しない悪臭物質を排出している工場・事業場に対しては改善勧告、改善命令等を出して是正させることができることにより、悪臭公害を防止していくこととなっています。

(2) 規制基準

住民の生活環境を保全するため悪臭を防止する必要があると認める地域を、指定工場等から発生する悪臭の規制地域として、市長が指定しています。
 「規制地域」内において指定工場等(「指定施設」を設置している工場又は事業場をいう)を設置している者は、当該規制地域に係る悪臭の「規制基準」を遵守しなければなりません。

規制地域

規制地域
第1種区域 都市計画法第8条第1項第1号の規定による第一種低層住居専用地域、
第二種低層住居専用地域、
第一種中高層住居専用地域、
第二種中高層住居専用地域、
第一種住居地域、第二種住居地域、
準住居地域、
近隣商業地域、
商業地域及びこれらに相当する地域
第2種区域 都市計画法第8条第1項第1号の規定による準工業地域及び工業又は農林漁業の用に併せて住居の用に供されている地域
第3種区域 都市計画法第8条第1項第1号の規定による工業地域及び工業専用地域並びに悪臭に対応する順応のみられる地域

指定施設

届出様式一覧

工場又は事業場に設置されている施設で、不快なにおいの原因となり、生活環境を損なうおそれのある他種類の物質からなる臭気(悪臭)を発生し及び排出する施設であって、規則で定められた施設をいいます。
規制地域内において工場又は事業場に「指定施設」を設置しようとする者は、市長に所定の届け出をしなければなりません。

指定施設の種類及び規模能力
  施設の種類 規模又は能力
1 鶏、豚又は牛の飼養の用に供する施設であって、次に掲げるもの
(1)飼養施設
(2)ふん尿処理施設(次号に掲げるものを除く。)
鶏舎の総面積若しくは牛房の総面積が100平方メートル未満又は豚房の総面積が50平方メートル未満の工場等に係るものを除く。
2 有機質肥料の製造(原料として家畜及び家きんのふん尿を使用するものに限る。)の用に供する施設であって、次に掲げるもの
(1)強制発酵施設
(2)乾燥施設
原料の処理能力が1日当たり500kg未満の工場等に係るものを除く。
3 動物質の飼料、肥料若しくは油脂又はこれらの原料の製造(原料として獣畜、魚介類又は鳥類の皮、骨、羽毛、臓器等を使用するものに限る。)の用に供する施設であって、次に掲げるもの
(1)原料置場
(2)紛砕施設
(3)煮ふつ施設(蒸解施設を含む。)
(4)乾燥施設
(5)真空濃縮施設
(6)排水処理施設
(7)発酵施設
すべてのもの
4 塗装業の用に供する施設であって、次に掲げるもの
(1)吹付施設
(2)乾燥施設
1の吹付施設の塗装及び溶剤の吹付能力が1時間当たり3リットル未満の工場等に係るものを除く。
5 し尿処理の用に供する施設(当該施設に一体として使用する汚泥又はし渣の乾燥施設及び焼却施設を含む。) 建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第32条第1項の表に規定する算定方法により算定した処理対象人員が3,000人未満のし尿浄化槽(当該し尿浄化槽と一体として使用する汚泥又はし渣の乾燥施設及び焼却施設を含む)を除く。

規制値

 新潟市生活環境の保全等に関する条例は、規制地域の区分ごとに、指定工場等の境界線及び指定施設の煙突その他の気体排出口における臭気濃度を定めています。

 規制地域を第1~3種区域に区分し、臭気濃度について次のとおり規制基準を規則で定めています。

規制基準の臭気濃度
区域区分 許容限度
指定工場の敷地の境界線の地表における臭気の濃度 指定施設の煙突その他の気体排出口おける臭気の濃度
第1種区域 臭気濃度 10 臭気濃度 1,000
第2種区域 臭気濃度 15 臭気濃度 2,000
第3種区域 臭気濃度 20 臭気濃度 3,000

「臭気濃度」とは、臭気のある空気を無臭の空気で臭気の感じられなくなるまで希釈した場合の当該希釈倍数をいう。

規制区域図面

規制区域図面
区名 図面番号
北区 No.1(PDF:155KB) No.2(PDF:118KB)
東区 No.3(PDF:144KB) No.4(PDF:140KB)
中央区 No.4(PDF:140KB) No.5(PDF:209KB)
江南区 No.6(PDF:126KB) No.7(PDF:122KB) No.8(PDF:122KB)
秋葉区
南区
西区 No.8(PDF:122KB) No.9(PDF:103KB) No.10(PDF:116KB) No.11(PDF:134KB)
西蒲区

※上記図面は平成28年2月9日告示の「新潟市告示第72号」と同様の図面を用いています。

届出及び問い合わせ先
区名 担当課・係名 住所 電話番号
北区 区民生活課 生活環境係 〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地 電話:025-387-1295
東区 区民生活課 生活環境係 〒950-8709 新潟市東区下木戸1丁目4番1号 電話:025-250-2285
中央区 区民生活課 生活環境係 〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地 電話:025-223-7168
江南区 区民生活課 生活環境係 〒950-0195 新潟市江南区泉町3丁目4番5号 電話:025-382-4254
秋葉区 区民生活課 生活環境係 〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話:0250-25-5678
南区 区民生活課 生活環境係 〒950-1292 新潟市南区白根1235番地 電話:025-372-6145
西区 区民生活課 生活環境係 〒950-2054 新潟市西区寺尾東3丁目14番41号

電話:025-264-7261

西蒲区 区民生活課 生活環境係 〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1 電話:0256-72-8312
環境部 環境対策課 大気係
 (問い合わせのみ)
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

電話:025-226-1367

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境部 環境対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎2号棟3階)
電話:025-226-1367 FAX:025-230-0467

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る