このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

電力の需給ひっ迫について

最終更新日:2022年7月19日

 令和4年6月26日に東京電力管内で「電力需給ひっ迫注意報」が発表されましたが、東北電力管内(東北6県及び新潟県)の電力需給も厳しい状況となっています。
 政府は7月から9月までの期間、全国規模の節電を要請しました。
 支障のない範囲での節電にご協力をお願いします。

節電のお願い(経済産業省)

節電手法の紹介(東北電力)

新潟市の取り組み

クールビズ

 新潟市では、地球温暖化対策の一環として、夏季の軽装を励行し、過度な冷房機器の利用を抑制(室温28度を目安に温度管理)することにより、節電・省エネルギーを推奨しています。
 実施期間である5月1日~10月31日まで、次のようなスタイルで勤務しています。

  • ノー上着・ノーネクタイ
  • ポロシャツ・オリジナルTシャツ

※オリジナルTシャツは、本市が主催・共催する事業のPRや本市からメッセージ発信するために作成したTシャツ

市主催の会議等でお越しになる際は、ぜひ軽装でおいでください。

ライトダウン

職員の健康管理及び地球温暖化防止を図るため、毎週水曜日をライトダウンの実施日として、職員が定時に退庁できるよう推進しています。

ご家庭へのお願い

出来る範囲で省エネを

 家庭の家電別電気使用量を見ると、エアコンが約4割を占めています。
(夏季、14時、東北電力管内の場合。資源エネルギー庁平成30年度電力需給対策広報調査事業報告書から作成。)

 熱中症を避けるためにエアコンは欠かせませんが、設定温度を控えめにする、複数台の使用をやめ家族で一緒の部屋で過ごす等、無理のない範囲で節電にご協力をお願いします。

その他家庭でできる節電

エアコン

  • レースのカーテンやすだれなどで日差しをカット
  • 外出時は昼間でもカーテンを閉めると効果的
  • 扇風機やサーキュレーターを併用すると涼しく感じます
  • 設定温度を1度上げる

冷蔵庫

  • ものを詰め込みすぎない
  • 設定温度を「強」から「中」に

その他の省エネ

  • 使っていない場所の照明を消す
  • 家族で一つの部屋で過ごす

家庭での取り組み内容によるCO2排出量、電気代削減効果が計算できます。

このページの作成担当

環境部 環境政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1363 FAX:025-222-7031

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る