このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

初期費用0円で太陽光発電

最終更新日:2022年2月1日

太陽光発電設備の導入を考えてみませんか

新潟市は、ゼロカーボンシティの実現を目指し、エネルギーの地産地消を推進しています。
太陽光発電設備の設置により、カーボンフリーの電気を使用できるほか、非常用電源としても活用でき、電気代もお得になります。皆さんも導入を検討してみませんか。

0円ソーラーとは?

仕組み

敷地や建物の屋根を発電事業者に提供し、発電事業者の費用で太陽光発電設備等を設置・維持管理を行う。
発電した電気を購入することで燃料調整費、再エネ賦課金分の電気料金が削減できる。

0円ソーラーについてのパンフレット

事業者のご案内

事業者一覧(新潟地域脱炭素社会推進パートナーシップ会議メンバー)
事業者名(50音順) 住所 問合せ先 契約種別(注釈1) 対象施設
越後天然ガス(株) 新潟市秋葉区 0250-24-2171 低圧・高圧 住宅・商店・工場・事業所
(株)千代田エネルギー

新潟市中央区

025-284-1210 高圧 工場・事業所
(株)テクノナガイ 新潟市北区 025-387-3117 高圧

工場・事業所

新潟スワンエナジー(株)

新潟市中央区

025-247-6860 高圧

公共施設・工場・事業所

(株)パルコミュニケーションズ
(株)Looop

新潟市東区 025-286-1225 低圧 住宅・商店

注釈1:契約種別は電力会社と契約中の電圧の種類です。
「低圧」は、一般家庭や商店など
「高圧」は、受変電設備(キュービクル)がある工場・事業所など

新潟市の導入事例

新潟市でも中央卸売市場で0円ソーラーを導入しています。

更にカーボンフリーを目指す方へ(事業者の方)

中小企業の方で更にカーボンフリーの導入を目指す場合は電力再エネ100プランの導入などがあります。
導入した場合は、再エネ100宣言REActionへの参加や、新潟市優良企業者等認定制度への申請も検討してみませんか

新潟市は再エネ100宣言REActionのアンバサダーに就任しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境部 環境政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1363 FAX:025-222-7031

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る