このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中小企業等再エネ100目標設定補助金

最終更新日:2021年7月1日

中小企業等再エネ100目標設定補助金を始めます

「再エネ100宣言RE Action」アンバサダーである新潟市は、ゼロカーボンに向けた取り組みを行おうとする市内の中小企業や学校を対象に新しい補助制度を始めました。

目的

 この補助金は、持続可能な開発目標(SDGs)の環境関連のゴールに向けて、脱炭素経営や再生可能エネルギーの使用100%への転換等の目標設定に取組む中小企業等に対し、環境経営の専門家から受ける支援に要する経費を支援することにより、市内中小企業等の事業活動の脱炭素化を推進することを目的として交付します。

制度概要

件名

新潟市中小企業等再エネ100目標設定補助金

対象と要件

  1. 市内に本社や本店を有する中小企業、学校
  2. 「再エネ100宣言RE Action」に参加すること(未加入の者が、2月末までに新規申込みを行い、年度内に初年度費用の支払いを完了させること)

補助対象経費

専門事業者から受ける脱炭素経営、脱炭素促進計画策定などの支援に係る費用

支援の例

  1. 経営層への脱炭素経営、再エネ利用拡大の必要性の理解促進支援(注釈1)
  2. 脱炭素化促進計画の策定(注釈2)
  3. 省エネ診断等の受診(注釈3)

注釈1:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。脱炭素経営促進ネットワーク支援会員(外部サイト)新潟地域脱炭素社会推進パートナーシップ会議参加者が行う支援に限る。

注釈2:以下の項目を記述すること。
(1)2050年までに事業活動で使用する電気エネルギーを全て再生可能エネルギーで調達するための目標と取組み
(2)2050年及び2030年までの二酸化炭素排出量削減の目標と取組み
(3)来年から5年間の二酸化炭素排出量削減の目標と取組み

注釈3:専門事業者のうち、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。経済産業省の補助事業の採択を受けているもの(外部サイト)が実施する診断に限る。

補助限度額

補助対象経費の2分の1(ただし15万円を上限とする)

申請方法及び提出先

補助申請に必要な申請書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、郵送・メールにて提出

提出先 〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 環境部 環境政策課
E-mail kansei@city.niigata.lg.jp

補助申請に必要な書類

スケジュール(令和3年度)

申請から交付まで
内容 期間または期日
申請書提出 令和3年7月1日から令和4年1月31日まで(必着)
交付決定 申請書提出2週間程度
再エネ100宣言RE Action申込 令和4年2月28日まで
実績報告書提出 令和4年3月31日まで
補助金交付 実績報告後1か月程度

要綱および実績報告書

問合せ先

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
新潟市 環境部 環境政策課 地球温暖化対策室(市役所本館2階)
電話 025-226-1357(直通) FAX 025-222-7031
E-mail kansei@city.niigata.lg.jp

補助金を交付された方は、ぜひ「環境優良事業者認定制度」にもご申請ください!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

環境部 環境政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1363 FAX:025-222-7031

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る