このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

積雪荷重・凍結深度について(建築基準法施行令第86条、第38条関係)

最終更新日:2017年7月10日

1. 単位荷重

 積雪の単位荷重は、積雪量1センチメートルごとに1平方メートルにつき30N(ニュートン)以上です。(新潟市建築基準法施行細則第10条第2項)

2. 垂直積雪量

 平成30年4月1日より、垂直積雪量の指定方法が市町村合併前の市町村名での指定から、行政区による指定に変更しますので、それぞれの行政区における垂直積雪量は下記の資料に示された数値以上としてください。
(新潟市建築基準法施行細則第10条第3項)

町名・垂直積雪量一覧表

3. 積雪量の低減

 融雪装置、屋根勾配によって積雪量を100センチメートル未満に低減することはできません。

4. 屋上を駐車場とする場合

 屋上を駐車場とする場合については、雪が「上記の表」積もった状態で満車になることも考えにくいことから、積雪荷重と積載荷重を組み合わせた荷重は、駐車場の利用方法に応じて状況を把握した上での数値として設計してください。

5. 積雪表示板の設置

 構造計算により建築物の安全を確認した建築物等にあっては、建築物の出入口、主要な居室その他見やすい場所に、積雪表示板の設置を行うことが望ましいです。

6. 凍結深度について(施行令第38条関係)

平成12年建設省告示第1347号に規定する凍結深度について、新潟市において定めはありません。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築部 建築行政課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館5階)
確認申請・建築の構造に関すること 電話:025-226-2849
建築基準法の道路に関すること 電話:025-226-2845
住宅の耐震化に関すること 電話:025-226-2841
建築計画概要書の閲覧に関すること 電話:025-226-2837
建築の相談に関すること 電話:025-226-2833 FAX:025-224-6011

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

構造に関すること

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る