このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

建物からの落下物・飛散物による事故防止のために

更新日:2012年6月1日

建物の外壁や屋根、設備機器、付属する看板などは老朽化により破損し、落下や飛散する恐れがあります。
地震時や強風時にはさらにその危険性が増すことから、市内においても強風時に外壁部材やトタン屋根が落下・飛散するという事故が発生しております。
建物の所有者・管理者は、その建物を常時適正に維持管理し、安全性を確保する責任があります。
適正な維持管理は、常時だけでなく地震や火災、強風等の非常時・災害時の人的・物的な事故防止だけでなく、被害の拡大防止、さらには建物を長持ちさせることにもつながります。
日頃から定期的に点検を行い、異常が発見された場合は早急に補修・改修するようにしましょう。

点検箇所 点検の目安
外壁
(タイル、石張り等)
  • ひび割れ、損傷がないか
  • 膨らんでいたり、浮き上がりがないか
  • 部分的な剥がれやズレはないか
  • 地面や窓から手の届く範囲を叩いてみて他と違う音(軽い音)のような箇所がないか
  • 仕上げ材を留めている金物等の損傷、腐食はないか(乾式の場合)
  • 目地材やシーリング材の切れや損傷がないか

※落下の危険性の大きい部位として、開口(窓)隅部まわり、コーナー部、斜壁面等は特に注意が必要です。

外壁
(成形板、パネル等)
  • ひび割れ、損傷、腐食等がないか
  • 膨らんでいたり、浮き上がりやズレがないか
  • 外壁材の支持材や金物等の損傷、腐食はないか
  • シーリング材の切れや損傷がないか
窓サッシ、ガラス
  • サッシに損傷、腐食、変形等がないか
  • はめ殺しガラス窓が硬化性シーリング(硬いパテ)によって固定されていないか
屋根
  • 割れ、損傷、腐食、ズレ等がないか
  • 屋根材固定部分に損傷、腐食、ゆるみ等がないか
  • 屋根に付いている設備等(アンテナや手すり等)に損傷、腐食がないか、固定状況がよいか
看板、室外機等
  • 看板・室外機等の本体に損傷、腐食、変形等がないか
  • 支持部分に緊結不良(ボルトのゆるみ等)や腐食、変形等がないか
  • 支持部分まわりの建物本体にひび割れ、損傷等がないか

※上記以外にも、落下・飛散する恐れのあるものがあれば、適切な維持管理により、事故を未然に防ぐようお願いいたします。なお、高所での点検や作業を行う際は、落下事故や第3者に対する事故等が発生しないよう十分ご注意ください。

関連リンク

建築行政課

このページの作成担当

建築部 建築行政課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館5階)
確認申請に関すること 電話:025-226-2849
建築基準法の道路に関すること 電話:025-226-2845
建築の構造に関すること 電話:025-226-2851
住宅の耐震化に関すること 電話:025-226-2841
建築計画概要書の閲覧に関すること 電話:025-226-2837
建築の相談に関すること 電話:025-226-2833
 FAX:025-224-6011

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る