このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

水道水の放射性物質検査について

最終更新日:2013年4月1日

放射性セシウムの基準値が強化されました

厚生労働省は、平成24年4月1日から、放射性セシウムの水道水の基準値を、従来の200ベクレル毎リットル(Bq/L)から10ベクレル毎リットルと、20倍厳しくしました。併せて、検出限界値も1ベクレル毎リットル以下であることが求められています。
また、検査対象を浄水場の浄水と取水地点の水道原水とし、1カ月に1回以上の頻度で行うこととしています。

放射性物質の検査について

新潟県では検査計画を定め、河川水、水道水(新潟市内3か所)の放射性物質検査を行っており、その検査結果は国が定めた基準値を下回り、十分安全であることを確認しています。

新潟市水道局では、基準値の強化を受け、新潟県の検査計画に加えて、平成24年4月から水道水と河川水の検査を開始しました。

食品衛生法における飲料水に係る基準値〔単位:ベクレル毎リットル(Bq/L)〕
放射性ヨウ素(ヨウ素131) 放射性セシウム(セシウム134と137の合計)
-(注) 10

注:放射性ヨウ素の基準は設定されていません。

新潟市水道局の対応

新潟市水道局では、放射性物質の検査結果を注視しながら、より安全・安心な水道水の供給に努めていきます。

浄水場における対策

1.凝集沈澱ろ過の徹底

平成23年3月20日から、全ての浄水場において二段凝集処理を行っています。また、全ての浄水場において、ろ過水濁度を0.04度以下になるよう浄水処理を徹底しています。

  • 二段凝集処理:より良質の水道水とするため、通常の凝集沈澱処理に加え沈澱池の後段で凝集剤(PAC)を添加する手法

2.粉末活性炭注入による対応

平成23年3月20日から、全ての浄水場において粉末活性炭を注入していましたが、信濃川水系、阿賀野川水系の放射性物質の検査数値に問題の無いことから、平成23年4月15日より粉末活性炭の注入を停止しています。

  • 粉末活性炭は、放射性物質を吸着除去するとともに、低水温・低濁度時における凝集効率を高めるために注入するものです。

お問い合わせ先

水道局 水質管理課
電話:0120-411-002(お客さま専用フリーダイヤル)
(フリーダイヤルをご利用できない場合は 電話:025-266-9311)

このページの作成担当

水道局 総務課
〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

水道水と河川水の放射性物質検査

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る