このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

下水汚泥に含まれる放射性物質の調査結果

最終更新日:2017年12月1日

新潟市が管理する下水処理場の汚泥等について分析調査を行ったところ、結果は以下の通りでした。

採取場所

  • 中部下水処理場(新潟市中央区太右ェ門新田1422番地3)
  • 船見下水処理場(新潟市中央区船見町1丁目3850番地2)
  • 白根中央浄化センター(新潟市南区根岸2124番地)
  • 両川浄化センター(新潟市江南区酒屋町字仲作997番地1)
  • 大淵集落排水処理場(新潟市江南区大淵字天神裏3628番地)
  • 西野集落排水処理場(新潟市江南区西野字新通358番地)

分析機関

  • 一般財団法人 新潟県環境分析センター

調査結果(平成29年12月1日公表)

施設名 採取日 サンプル ヨウ素
131
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計

中部下水処理場

平成29年11月10日

脱水汚泥

不検出

不検出

不検出

不検出

船見下水処理場 平成29年11月10日 脱水汚泥

24

不検出

不検出

不検出
白根中央浄化センター

平成29年11月17日

脱水汚泥

不検出

不検出

不検出

不検出

両川浄化センター 平成29年10月11日 脱水汚泥 不検出 不検出 不検出 不検出

単位:Bq(ベクレル)/kg(キログラム)

※表内数値はウエットベース、カッコ( )はドライベース

下水汚泥の取扱い方針

(1)汚泥の調査

  • 下水汚泥に係る放射性物質については、継続的に調査を実施していきます。
  • 調査結果については、ホームページ等により公表していきます。

(2)脱水汚泥・焼却灰の処分方法

 平成23年6月16日に、国(原子力災害対策本部)から示された基準に照らし、クリアランスレベル以下と判断されることから、セメント事業者による引き取りを継続していきます。

合流式・分流式下水道について

  • 合流式下水道は、汚水と雨水を同じ下水道(管)で集めて処理場で処理します。
  • 分流式下水道は、汚水と雨水をそれぞれ別の下水道(管)で集め、汚水は処理場で処理し、雨水は直接河川などへ放流します。

お問合せ窓口

新潟市下水道部
 下水道管理センター施設管理課
 電話:025-281-9200

このページの作成担当

下水道部 経営企画課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館6階)
電話:025-226-2959 FAX:025-228-2209

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る