このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

「ペットボトル」の流れ

最終更新日:2019年3月8日

ごみ集積場から収集、異物を取り除き、圧縮梱包、プラスチック材料などとして活用

収集

1.ごみ集積場に出された「ペットボトル」

 新津地区ではコンテナ、亀田・岩室・巻・西川・潟東地区・西区四ツ郷屋地区ではネットで収集しています。


ペットボトルはスーパーの店頭や公共施設でも回収しているよ

2.収集します。


<お願い>
 品目別に違う車で収集しますので、「古紙類」など他の品目の下になると、収集するとき大変です。
 複数品目の日は、大まかに左右に分けていただくようご協力お願いします。

注意事項

 分別ルールが守られないと、効率的な収集・処理ができません。
ごみ分別百科事典」を確認し、決められた出し方を守ってください。

収集できないごみの事例

キャップとラベルが付いたままのペットボトル


キャップとラベルは外して、「プラマーク容器包装」に出してください。

タバコの吸殻が入ったもの


中身は空けて、水ですすいでから出してください。

選別

<処理施設>

  • 新潟プラスチック油化センター(民間:東区平和町)
  • ピーエスシー(民間:西区内野上新町)
  • 白根グリーンタワー(南区鍋潟)
  • 豊栄環境センター(豊栄郷清掃施設処理組合:北区浦ノ入)
  • 新津清掃社(民間:秋葉区川口)

1.処理施設に運びます。


ピーエスシーでは、西・西蒲区(一部)の「ペットボトル」を処理しているよ。

2.計量します。

計量

3.収集車から降ろします。

4.コンベアで破袋機に投入し、袋を破きます。

供給コンベア

5.汚れたもの・中身の入ったもの・キャップなどの異物を手作業で取り除きます。


分別ルールが守られていないものも多く手作業で行うため、とても大変な作業です。分別ルールを守りましょう。

混入していた異物の事例

6.選別後、運びやすいように、約30センチメートル×40センチメートル×60センチメートル、約18キログラムの塊(ベール品)にします。

7.容器包装リサイクル法(※一部を除く)に基づき、再商品化(リサイクル)事業者に引き渡します。

搬出

リサイクル

 容器包装リサイクル法(※一部を除く)に基づき再生施設に運ばれ、リサイクルされます。

1.粉砕、洗浄などの工程を経て、「フレーク」や「ペレット」というプラスチック製品の材料に加工されます。


(フレーク)
 ペットボトルを8ミリメートル角位の小片に粉砕し、よく洗って乾かしたもの


(ペレット)
 フレークを一度溶かして小さな粒状に加工したもの

2.それぞれの再生工場で、繊維やシートなどに生まれ変わります。

<出展:「PETボトルリサイクル推進協議会」より>

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る