このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

「古紙類」の流れ

最終更新日:2019年3月8日

ごみ集積場から収集、異物を取り除き、圧縮、製紙材料として活用

収集

1.ごみ集積場に出された「古紙類」


「古紙類」は地域の集団回収や公共施設の拠点でも回収しています。
地域で集団回収を実施している場合は、集団回収に優先して出してください。

2.「新聞」、「雑誌・雑がみ」、「段ボール」、「紙パック」を分けて積みます。


<お願い>
品目別に違う車で収集しますので、「ペットボトル」など他の品目の下になると、収集するとき大変です。
複数品目の日は、大まかに左右に分けていただくようご協力お願いします。

注意事項

 分別ルールが守られないと、効率的な収集・処理ができません。
ごみ分別百科事典」を確認し、決められた出し方を守ってください。

収集できないごみの事例

禁忌品(アルミ加工紙)


アルミ加工紙(裏が銀色の飲料パックなど)やプラスチックの注ぎ口「燃やすごみ(指定袋)」に出してください。

禁忌品(ワックス加工紙)


ヨーグルト、カップめん容器、紙コップなどは、「燃やすごみ(指定袋)」に出してください。

禁忌品(臭いのついた紙)


洗剤・石鹸の容器・包装紙などは、「燃やすごみ(指定袋)」に出してください。

びんの混入


紙以外は絶対入れないでください。びんは「飲食用・化粧品びん」で出してください。

「新聞」と「雑誌・雑がみ」が未分類

「古紙類」は「1.新聞」、「2.雑誌・雑がみ」、「3.段ボール」、「4.紙パック」の4分別です。「新聞」と「雑誌・雑がみ」をそれぞれ分けて出してください。 また、細かい雑がみ以外は、ひもで十文字に縛って出してくださるようお願いします。
形が不揃いでひもで縛るのことが難しい雑がみは、無色透明または無色半透明のポリ袋に入れて出してください。

紙がみでの排出


中身が全く確認できませんので、紙袋や段ボールに入れて出すことは止めてください。

シュレッダー紙と雑がみの混合


シュレッダー紙を出す場合は、シュレッダー紙だけを無色透明または無色半透明のポリ袋に入れて出してください。

選別

処理施設

 古紙卸売業者(民間) ※入札で決めています。

1.売却先の古紙問屋に運びます。


古紙問屋

2.品目別に分けて計量します。


計量

3.品目別に分けて収集車から降ろします。

4.コンベアに載せて、ひもや袋、異物を取り除きます。


手作業で行うとても大変な作業です。現状では異物が多く混入しています。作業の効率化のため、分別ルールを守りましょう。

取り除いた異物の事例

5.運びやすいように、1辺1メートル×1メートル×1.8メートル 約1トンの塊(ベール品)にします。

6.製紙工場へ搬出します。


搬出

リサイクル

 離解(ほぐして繊維に戻す)、除塵(異物やごみを取り除く)、脱インキ、漂白などの工程を経て、再び紙製品にリサイクルされます。

※品目ごとに違う用途の紙にリサイクルされます。

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る