このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

「燃やすごみ」の流れ

最終更新日:2019年3月8日

ごみ集積場から収集、焼却し、金属類を選別、金属類はリサイクル

収集

1.ごみ集積場に出された「燃やすごみ」

「燃やすごみ」には、厨芥類(生ごみ)や紙類がとても多く含まれています。ごみを減らすために、リサイクルできる紙は分別にご協力をお願いします。また、生ごみの堆肥化についても助成を行っていますのでご活用ください。

2.収集します。

お願い
ごみは品目別に違う車で収集しますので、「燃やすごみ」の袋が「枝葉・草」など他の品目の下になると、収集作業が困難になります。
「燃やすごみ」と「枝葉・草」などが同じ日に出せるときは、それぞれの品目が混ざらないよう大まかに左右に分ける等ご協力をお願いします。

注意事項

分別ルールが守られないと、効率的な収集・処理ができません。
「ごみと資源の分け方・出し方」を確認し、決められた出し方を守ってください。

収集できないごみの事例

「燃やすごみ指定袋」(黄色の袋)に入れて出してください。

焼却

処理施設

  • 亀田清掃センター(江南区亀田)
  • 新田清掃センター(西区笠木)
  • 鎧潟クリーンセンター(西蒲区鎧潟)
  • 豊栄環境センター(豊栄郷清掃施設処理組合:北区浦ノ入)

1.処理施設に運びます。


亀田清掃センターでは、北区の一部、東区、中央区の一部、江南区、秋葉区の「燃やすごみ」を処理しています。

2.計量します。


計量

3.焼却ピットに投入し、焼却します。

亀田清掃センターでは、砂を600度以上に熱し、その中にごみを投入して焼却しています。排ガスは有害物質や灰を除去した後に排出され、灰はセメント固化し、搬出時や埋立時の飛散を防止しています。 また、燃え残った金属類の回収や焼却余熱の活用(発電・温浴施設)も行っています。

焼却後のごみ

一部の施設では、灰を高温で溶融し、「スラグ」としてリサイクルしています。


燃え残った金属類

余熱を活用した温浴施設


田舟の里

埋立・リサイクル

焼却・埋立処分地

  • 赤塚埋立処分地(西区東山)
  • 太夫浜埋立処分地(北区島見町)

埋立処分

1.灰を埋立地へ運びます。


灰の運び出し

2.土を被せて、埋め立てます。


埋め立ての様子

リサイクル

燃え残った金属類は、建築資材などにリサイクルされます。


鉄筋

スラグは、ブロックの材料などにリサイクルされます。

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る