このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

「プラマーク容器包装」の流れ

最終更新日:2019年3月8日

ごみ集積場から収集、異物を取り除き、圧縮梱包、プラスチック材料などとして活用

収集

1.ごみ集積場に出された「プラマーク容器包装」

2.収集します。

収集作業

注意事項

分別ルールが守られないと、効率的な収集・処理ができません。
ごみ分別百科事典」を確認し、決められた出し方を守ってください。

収集できないごみの事例

ペットボトルが混じったもの


ペットボトルは「プラマーク容器包装」と処理工程が異なるため、「ペットボトル」の日に出してください。(キャップ、ラベルは外して「プラマーク容器包装」に出して下さい。)

容器包装でないものが混じったもの


「プラマーク容器包装」の対象は、中身を使い切ったり、商品を取り出した時に不要となる容器や包装です。ポリバケツは「商品そのもの」なので、「燃やすごみ(指定袋)」に出してください。

選別

<処理施設>

  • 新潟プラスチック油化センター(民間:東区平和町)
  • ピーエスシー(民間:西区内野上新町)
  • 白根グリーンタワー(南区鍋潟)

1.処理施設に運びます。


新潟プラスチック油化センターでは、北・東・中央(一部)・江南・秋葉(一部)区の「プラスチック製容器包装」を処理しているよ。

2.計量します。

計量

3.収集車から降ろします。

4.コンベアで破袋機に投入し、袋を破きます。

供給コンベア

5.汚れたもの・中身の入ったもの・ペットボトルなどの異物を手作業で取り除きます。


手作業で行うため、中身が入ったまま出されたり、汚れがついていると異臭が出て、選別作業に支障を来たします。分別はしっかりと、また、汚れは落として出しましょう。(汚れがひどいものは「燃やすごみ」に出してください。)

<混入していた異物の事例>

6.選別後、運びやすいように、1辺1メートル・約300キログラムの塊(ベール品)にします。

7.容器包装リサイクル法に基づき、再商品化(リサイクル)事業者に引き渡します。

搬出

リサイクル

 ・容器包装リサイクル法に基づき、リサイクルされます。

  • リサイクルの方法は、「材料リサイクル(プラスチック製品の材料)」、「ガス化(化学工業原料)」、「高炉還元剤(鉄鉱石の還元)」などがあります。
  • ここでは、材料リサイクルの事例を紹介します。

1.粉砕、洗浄、脱水、造粒や溶融などの工程を経て、「ペレット(熱で溶かし粒状にしたもの)」や「インゴット(熱で溶かした固まり)」というプラスチック製品の材料に加工されます。

2.それぞれの再生工場に運ばれ、プラスチック製品に生まれ変わります。

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る