このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

「飲食用缶」の流れ

最終更新日:2019年3月8日

ごみ集積場から収集、アルミ・スチールに選別し、圧縮、缶や建築資材などとして活用

収集

1.ごみ集積場に出された「飲食用缶」

 新津、亀田、横越、岩室、巻、西川、潟東地区、西区四ツ郷屋地区ではコンテナで収集しています。


アルミ缶を店頭で回収しているスーパーもたくさんあるよ

2.収集します。


<お願い>
品目別に違う車で収集しますので、「飲食用びん」など他の品目の下になると、収集するとき大変です。複数品目の日は、大まかに左右に分けていただくようご協力お願いします。

注意事項

 分別ルールが守られないと、効率的な収集・処理ができません。
ごみ分別百科事典」を確認し、決められた出し方を守ってください。

収集できないごみの事例

カセットボンベの混入


収集車等の火災の危険があるため、「特定5品目」へ出してください。

なべの蓋の混入


「飲食用缶」以外の金属類は、「燃やさないごみ(指定袋)」へ出してください。

中身の残っているもの(ミートソース)


軽く水ですすいでから出してください。

選別

処理施設

  • 資源再生センター「エコープラザ」(東区下木戸)
  • 新津クリーンセンター(秋葉区小口)
  • 白根グリーンタワー(南区鍋潟)
  • 鎧潟クリーンセンター(西蒲区鎧潟)

1.処理施設に運びます。


資源再生センター「エコープラザ」では、北・東・中央・江南・西区の「飲食用缶」を処理しているよ。

2.計量します。


計量

3.収集車から降ろします。

展開

4.コンベアで破袋機に投入し袋を破いた後、磁力で「アルミ缶」と「スチール缶」を選別します。

コンベア(磁力でアルミ・スチールを選別)

5.「アルミ缶」と「スチール缶」を圧縮します。

 約65センチメートル×65センチメートル×20センチメートル、「アルミ缶」で約25キログラム「スチール缶」で約50キログラムのブロックにします。

6.資源化業者へ売却します。

搬出(資源化業者へ売却)
搬出

リサイクル

アルミ缶

1.約700度以上の高温で溶かし、固まりにします。


アルミの固まり

2.再び缶などのアルミ製品にリサイクルされます。


アルミ缶などのアルミ製品

スチール缶

1.製鉄所の電炉や高炉で溶かし、建築資材や自動車、スチール缶などにリサイクルされます。

鉄筋
(鉄筋)

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る