このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

特定5品目

更新日:2013年8月12日

特定5品目(月1回)

1.出し方と収集品目(特定5品目は、乾電池類、蛍光管、水銀体温計、ライター・スプレー缶類の5品目です)

出し方:無色透明か半透明のポリ袋に入れて出してください(特定5品目は、乾電池類、蛍光管、水銀体温計、ライター・スプレー缶類の5品目です)

安全に中に残ったガスを抜くための【ガス抜きキャップ(中身排出機構、残ガス排出機構、ガス抜きボタン等)】の使用について

スプレー缶の中に残ったガスを確実に安全に排出するため、【ガス抜きキャップ(中身排出機構、残ガス排出機構、ガス抜きボタン等)】をスプレー缶に装着する取組みが進んでいます。 排出機構のキャップ・ボタン等とは、缶を廃棄する場合に缶の内部に残留する中身を確実に出しきるための仕組みです。 各メーカーにより様々な形のものがありますので、商品に記載されている使用説明を必ずご覧いただき、風通しの良い場所で中身を確実に排出してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般社団法人日本エアゾール協会

Q&A

Q.水銀血圧計を出して良いですか?

A.「特定5品目」で出してください。(医療機関は自己処理となりますので出すことができません)

Q.電球は、特定5品目ですか?

A.ボール型の蛍光管は、水銀を含むので「特定5品目」。白熱電球・LED電球などは、水銀を含まないので「燃やさないごみ」、巻広域は「普通ごみ」です。

Q.ライターやスプレー缶類は、中身が入ったままで出して良いですか?

A.収集車や処理施設の爆発・火災事故の原因となりますので、必ず中身を使い切ってください。また、スプレー缶類は、風通しの良い場所で『ガス抜きキャップ』を使用して中身を確実に排出してください。止むを得ず、中身が入ったまま出す時は「中身入り」と表示して出してください。

Q.スプレー缶に付いていたプラスチック製のキャップの分別は何ですか?

A.プラスチック製のキャップは、必ずはずして「プラマーク容器包装」で 出してください。

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る