このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

燃やすごみ

更新日:2014年8月12日

燃やすごみ(週3回:「月曜・水曜・金曜」か「火曜・木曜・土曜」)

1.出し方

出し方は新潟市指定袋(黄色半透明袋)に入れて出してください

2.収集品目

収集品目:台所ごみ・紙くず、衣類・繊維くず、革製品、ゴム製品、木製品、プラスチック製品

3.収集できないもの

収集できないもの:指定袋以外で出されたごみ(指定袋に入れて出して下さい)、段ボールなどに入れて指定袋を貼ったごみ(指定袋に入れて出して下さい)、指定袋に入らないごみ(粗大ごみで出して下さい)

Q&A

Q.生ごみを新聞紙で包んだり、レジ袋に入れてから「燃やすごみ」の指定袋に入れても良いですか?

A.良いです。

Q.「生ごみ」と「資源化対象外プラスチック」は、別々の指定袋に入れなければならないですか?

A.同じ袋で良いです。

Q.「アルミ箔」「保冷剤」「乾燥剤」「プランターの土」「使い捨てカイロ」は何ごみですか?

A.「燃やすごみ」になります。

燃やすごみで出せるもの:アルミ箔、保冷材、乾燥材、プランターの土(土はなるべくご自宅のお庭に出してください)、使い捨てカイロ

Q.金具が付いたカバンなどは、金具を取らなければいけないのですか?

A.簡単に取れるものは分別してください。簡単に取れないようなら無理に取り外さなくても良いです。大部分が革でできているカバンであれば「燃やすごみ」に出してください。

これどっちかな?と迷ったら

皮革製品と金属製品が混ざっている場合など複合製品のごみは、大部分を占める素材が、可燃性であれば「燃やすごみ」、不燃性であれば「燃やさないごみ」で出してください。
乾電池類が入っている場合は、外して特定5品目で出してください。

皮革製品と金属製品が混ざっている場合など複合製品のごみは、大部分を占める素材が、可燃性であれば「燃やすごみ」、不燃性であれば「燃やさないごみ」で出してください

このページの作成担当

環境部 廃棄物対策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟3階)
電話:025-226-1403 FAX:025-230-0465

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る