このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

にいがた女性おうえんフェスタ

最終更新日:2018年7月20日

にいがた女性おうえんフェスタ2018は終了しました。

にいがた女性おうえんフェスタ2018

 「にいがた女性おうえんフェスタ2018」を開催します。これは、働いている女性や働こうとしている女性を多方面から応援しようというセミナーイベントで、今年初めて開催するものです。
 働いている女性や働きたい女性自身だけでなく、女性を雇う企業、パートナーや子ども、これから働こうとする学生などが対象です。
 このイベントは、女性の職業生活における活躍を推進するため本市が今年3月に策定した「新潟市女性活躍推進計画」に基づき行います。

日時 平成30年6月30日(土曜) 午後1時30分から午後4時30分まで
 ※分科会4 「4大ハラスメント防止セミナー」は午後4時45分まで。
 ※分科会7 「楽しい!汚れない!パッククッキング」は午前10時から午後1時まで。
会場 クロスパルにいがた(中央区礎町通3-2086)

基調講演 「時短家事と手帳管理で、なりたい私になる!」

 仕事に家事に育児に介護、常に時間に追われている女性も多いのではないでしょうか。家事の効率化を図りながら、手帳をうまく活用して、理想の自分に近づく方法を学びましょう。

講師 高橋 真由美さん(株式会社サマンサハート代表取締役)
 女性向けマーケティング企画会社経営。企画塾認定マスターオブプランニングアドバイザー(マーケティング、企画書指導者)認定、マーケティング解析士マスター。特定非営利活動法人ワーキング・ウィメンズ・アソシエーション(WWA)理事。女性の起業サポートや売上アップサポートを行う傍ら、時短家事や手帳の活用術に関する講座も開いている。
時間 午後1時30分から午後2時40分
定員 先着70人

分科会1 「知っておきたいカラダのサイン」

 当たり前ですが、働き続けるためには健康が大事です。「なんとなく不調」には理由があります。女性の体のリズムを知り、自分の体や心ととうまくつきあいながら働き続けるコツを学びましょう。

講師 佐山 光子さん(公益社団法人新潟県助産師会)
時間 午後3時から午後4時30分
定員 働いている女性・働きたい女性先着45人

分科会2 「ママのための再就職支援講座」

 そろそろ社会復帰したい。でも何から始めていいかわからない。みんなはどうやって再就職したの?どんな毎日なの?という疑問に、先輩夫婦が答えます。

講師 先輩ママと夫、橋口 幸子さん(社会保険労務士)
時間 午後3時から午後4時30分
定員 再就職したい子育て中の女性先着24人 ※夫婦での参加可、子連れでの参加可

分科会3 「先輩社会人に聞く!自分サイズのワーク・ライフ・バランス」

 社会人になったら、どんな自分で、どこで、誰と、どんな暮らしをするのか。市内の企業に勤める先輩社員の皆さんから、社会人の「リアル」を詳しく聞いてみましょう。

講師 市内企業に勤める先輩社員
時間 午後3時から午後4時30分
定員 学生(大学・短大・専門学校)先着45人

分科会4 「4大ハラスメント防止セミナー」

 4大ハラスメント(セクハラ、パワハラ、マタハラ、SOGIハラ(LGBTなどの性的マイノリティへのハラスメント))のリスクマネジメントについて、実際の相談事例から留意すべき点などを解説します。

講師 吉田 仁志さん(公益財団法人21世紀職業財団客員講師)
時間 午後3時から午後4時45分
定員 企業の経営者、人事・総務などの担当者先着42人
協力 東京海上日動火災保険株式会社

分科会5 「働き続けるための今どきの医療と介護のカタチ ~大切な家族のために理解しよう認知症の基礎知識~」

 親の介護を理由に、介護離職をする人が年々増え続けています。
 親の介護は突然やってくるものです。
 介護が必要となった時に、働き続けながら介護をするためには、「どこに相談したらいいのか」、「どんな介護サービスが利用できるのか」、いざ『その時』に慌てないための知識を学びましょう。 

講師 細道 奈穂子さん(新潟市在宅医療・介護連携センター 保健師・地域看護専門看護師)
 須貝 秀昭 さん(新潟市地域包括支援センターふなえ 主任ケアマネージャー)
時間 午後3時から午後4時30分
定員 どなたでも先着30人

分科会6 「『好き』を仕事にする方法」

 「副業として何か初めてみようかな」「趣味を極めていずれは起業できたら」。あなたの夢を実現させる道筋を、数多くの起業をサポートしてきた講師が教えます。

講師 百合岡 雅博さん(IPC財団統括プロジェクトマネージャー)
時間 午後3時から午後4時30分
定員 起業に関心がある女性先着18人

分科会7 「楽しい!汚れない!パッククッキング」

 女性が仕事をする上で、夫や家族の協力は不可欠です。ポリ袋に具材を入れて大鍋で作るパッククッキングは、簡単で災害時にも役に立ちます。鍋ひとつでご飯、煮込みハンバーグ、野菜スープ、ココアケーキを作り、夫も子どもも楽しみながら家事に参画しましょう。

講師 新潟市食生活改善推進委員中央支部の皆さん
時間 午前10時から午後1時
定員 小学生と父親先着15組
参加費 ひとり300円

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

市民生活部 男女共同参画課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-1061 FAX:025-228-2230

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る