このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成28年度アルザにいがた登録団体

平成29年1月6日現在の登録団体数は71団体です。

あ~と(50音順)
団体名 活動内容
I 女性会議 新潟県本部

女性の自立、平等、平和、福祉、環境確立するための活動をしています。

あかつき会

豊かで楽しいシニアライフを探求し、情報交換を行い、家庭生活、地域活動への男女共同参画を促進する。アルザフォーラムへの協力。

あけぼの会 新潟支部 乳がん体験者の会として、会員同士励まし合うと共に、社会に対して啓発活動を行う。
イキイキ健康ふれ愛クラブ元気塾

・シングルファーザー、マザー相互の信頼関係充実と人権尊厳やQOLの向上啓発
・会員グループ、メンバー間の夫婦別姓の扶助のあり方について意見交換を図る。
・老々介護、福祉における双方の立場の尊重について再認識を深める。

NPO法人
ウィメンズサポートセンターにいがた

女性に対して、相談、支援、及び啓発に関する事業を行い、女性への暴力の根絶と女性の人権の確立に寄与することを目的とする。

映像ゼミの会

H14の市民大学人間理解コースのゼミ修了者が主任講師を中心にゼミを継続し、女性の生き方に止まらず広く人間関係、社会問題を学んでいる。

OHKA

定年後の過ごし方について共に学び合い、お互いを尊重し、無理せず楽しく勉強会を行う。男女共同参画活動の推進。

always

対等なパートナーとして、家庭や地域の活動に参画し、バランスのとれた生活をおくる。

NPO法人
女のスペース・にいがた

女性の基本的人権と基本的自由を侵害するあらゆる暴力の根絶を目ざし、女性の自立に向けた相談及び支援活動を行うとともに、社会の根底にある女性差別の根本的解消を図り、男女平等社会の形成に寄与する。
女のユニオン・にいがた

このユニオンは原則として新潟県内で働く女性労働者ならびに居住する生活者の団結と相互扶助により、ユニオンメンバーの労働条件の維持改善と生活を守り、社会的・経済的地位の向上を図ると共に、性差別の撤廃と女性の労働権の確立を目的とします。

語り合い(カウンセリングに学ぶ) 性別による差別をしたりされたりすることなく、個人が尊厳され能力が発揮でき健康的な人間社会の在り方を学習する。
カトレア会 男女共に協力しながら、情報を交換することにより人生をより豊かにすること。
かよう会

相互の親睦を深め、時事の状況についての勉強会を行う。家庭においては、家事、育児、介護等へ参画する。

旧ユーゴ平和・人権にいがたネットワーク

民族紛争下にあった女性への性暴力根絶のために活動してきた旧ユーゴ各国の女性団体との交流を通し、今も世界中に蔓延する女性への暴力をどう根絶するかを、共に活動していきたい。

教育ボランティアの会

男女が性別にかかわらず、あらゆる場面で、教育的関わりを持つことができ、個人の力を発揮できるように学習する。特に、子供を育む為にひとりひとりが出来ることをもさくする。

劇団あかつき

男女個人としての尊厳が重んじられる男女共同参画の推進に取り組み、改善の為の演劇公演やワークショップ、ボランティア活動をしてゆく。

劇団blueジーンズ 創作劇を通じて現代の女性を取りまく社会背景を考える女性問題啓発活動を目指す。
NPO法人 健康生きがいづくり新潟

男女の個人としての尊厳を重んじながら、中高年者の健康生きがいづくりを支援する事業を展開するとともに、会員の資質向上と交流を図る。

健笑会 本会は会員の知識・経験・知恵・人的ネットワークなどの情報交換を通じて、家庭生活・地域活動への男女共同参画の促進を図ることを目的とする。
賢治を学ぶ会

宮沢賢治の作品を学ぶ中で、その時代のジェンダーの有様を導きだして、いまなおジェンダーとして日本の私たちの中に残ってるところをつまぶき出し会員で話し合って、どのように取らえていくか考え話し合ってすすめてゆく。地域や家庭において育児の共同作業(家事含め)これからの男女の平等としてとり入れられるところはとり入れ男女の特性については認め豊かな社会へと導いていくように出席の男女で考えて行く。

一般社団法人
国際女性教育振興会 新潟県支部

新潟県内において女性教育に関する調査研究及び国際理解を深める諸事業を行い、もって女性教育の発展に寄与することを目的とする。

子ども支援ネットワーク・ライツ

男女ともに、個人として尊重され、性別による差別のない就労が出来る社会の在り方を学習する。

NPO法人
子ども・人権ネットCAP・にいがた

子どもへの暴力防止の予防教育においても、男女の人権の尊重が基本です。子どもの時から自分は大切な人であること、相手を尊重すること、自分の意見を言うことなど、具体的スキルを学ぶことの大切さをワークショップや勉強会などで啓発していく。

コミ研 平成28年度は、ワーク・ライフ・バランスを進め、男女ともに働きやすい職場環境への意識を高めるとともに、多様なライフスタイルに応じた働き方や生き方を学ぶ研修会を開催する。同じ悩みを抱える同世代の仲間と交流し人脈を形成する。
自治基本条例を見守る市民の会

新潟市民として女性も男性もその個性を生かし市民参画と住民自治を推進する。

昭和の集い

女子大卒業後男性優勢の社会で経験をつみ社会参画のあり方について幅広い年代の同窓生が集い、人生のそれぞれのステージでの悩み喜びを語りあえる場。

新日本婦人の会 新潟県本部

男女平等、平和、女性と子どもの人権を守り生活向上、子どものしあわせのため、憲法をくらしのなかに生かす活動を目的とします。新日本婦人の会新潟県本部としてこどもの医療無料、30人学級、介護保障の充実などをもとめて活動しています。国連NGO認証団体。

新日本婦人の会 新潟支部 男女平等、平和、女性と子どもの人権を守り、生活向上子どものしあわせのため、憲法をくらしのなかに生かす活動を目的とします。
全国教育女性連盟 新潟支部 花凛会 元教員だった経験を生かし、家庭や社会において男女が互いに力を合わせた子育て、親育ちへのアドバイスに努める。その為に、自らの健康寿命を延ばし、社会貢献を意識した生き方を学ぶ。

一般社団法人
大学女性協会 新潟支部

女性の高等教育の推進、女性の地位向上、世界平和に向けての国際親善を掲げて1947年に発足。新潟支部では、女性の活躍推進、ワーク・ライフ・バランス、国際協力、新潟とベトナムの女子学生への奨学賞授与、その他の社会問題に関する学習と会員の親睦を行っています。

「男女共同参画」近現代史研究会 「男女共同参画」の理念をふまえた、近現代史の研究会(〈施策の体系〉目標1により市民団体との連携をはかり、成果を共有します。)
男女平等教育部会 男女がともに自分らしく生きることが出来る社会をめざして、学校・家庭・地域においてより実質的な男女平等教育をすすめるために、自由な意見交換をします。
な~わ(50音順)
団体名 活動内容
NACS新潟分科会

行政の消費生活センターや企業の消費者関連部門などに勤務する会員が集まり、消費者教育や情報提供など消費生活に関する活動を行い、同時に男女が共に参画できる社会を目指しての学習を行っています。

NPO法人
新潟キャリア・コンサルタント協会

個人のキャリア形成促進のための支援活動を通じて働く場における男女共同参画の推進を行い女性の職業能力開発の支援を行う。

新潟県カーリンコン協会

老若男女、障がいのある人もない人もともに楽しむことのできるユニバーサルスポーツ、「カーリンコン」の普及を通じて生涯にわたる健康づくりのための支援を行う。

新潟県生涯学習協会

男女が性別にかかわらず、社会のあらゆる分野における意思決定の場に、対等な構成員として平等に参画することを推進し、発信していく。

NPO法人 新潟県消費者協会  
新潟県生活学校連絡協議会

女性を中心とする団体が生活課題の解決に取り組むことを通じて 女性の社会的な地位の向上を図る。

新潟県養護教員研究協議会高等学校部研究推進委員会  
新潟市消費者協会 男女それぞれが個人としての尊厳が重んじられ、性別による差別を受けることなく、安心・安全な消費生活の向上をめざして研修しながら、知識を習得していく。
新潟実践研究所 ディーセントワーク研究会(女性と労働の勉強会)
にいがた市民研究者の会

研究心・探究心を持つ研究者が研究活動を続け、情報交換し互いに切磋琢磨することで成長することを目指す。

にいがた女性会議 女性と男性が家庭・職場・地域で、共に平等にかかわることのできる社会をつくることを目的とする。
にいがた女性会議 介護・自立部会

男女ともに充実した生活を送り、最後まで尊厳を持って自立した生活をするために社会、地域の介護支援のあり方を学習する。

にいがた女性会議 子ども・子育て支援部会

(1)保育・学校教育における男女平等教育の推進と人権の尊重
(2)子育て支援策の充実

にいがた女性会議 社会参画部会

女性と男性が、家庭・職場・地域で共に平等にかかわることのできる社会をつくることを目的。 女性の社会参画・推進を考える。

にいがた女性会議 女性の労働部会

男女共同参画社会推進の視点で、職場や労働環境における男女平等の確立とワーク・ライフ・バランスの推進のために、講演会、学習会、調査等を行う。

新潟女性史クラブ  
新潟友の会  

NPO法人
新潟フェミニストカウンセリングセンターまど

男女平等社会推進のための女性のメンタルヘルス(心の健康)にカウンセリング技術とフェミニズムの視点をもって貢献する。
新潟ヘルプの会

特にDV被害や労働の権利侵害を受けた在日外国籍女性からの相談・支援活動に重点をおき、最も社会的弱者である外国籍女性の問題啓発等を行う。

新潟ワーク・ライフ・バランス研究会

ワークライフバランスの実現により、自分らしく生きられる社会をめざす。 (1) ワーク・ライフ・バランスの啓発活動(セミナーの開催等)(2) 調査・研究活動(アンケート調査、取組企業への訪問等)(3) ワーク・ライフ・バランス導入方法の研究、課題解決の検討、情報交換

一般社団法人
日本産業カウンセラー協会上信越支部新潟事務所

 
日本ファシリテーション協会 新潟サロン

ファシリテーションの普及を通じて、男女の性別や職業にかかわりなく対等な関係で、人と組織がイキイキ、ワクワクする新潟をつくる。

人間学教室

地域、職場、家庭内で性差によっておこる問題、DVに関することなど相談を受けることが多いため、当センターで行なわれていることを紹介したり、かかわった事例をもちよって、よりよい解決だったか、検証し、男女共同参画の知識を深める。一人一人が性別を超えて、大切にされて基本的な人権が守られる社会をめざして活動している。

妊婦さん、産後ママさん同士の出会い、交流する会 妊娠中の方を対象に、仲間づくり、情報交換を通して、妊娠・出産等に関する健康支援、生涯にわたる健康づくりのための支援。産後の方の支援。
パワフル・エイジング研究会

年を重ねても明るく積極的に生きて、社会に役立つ一員となり、活力ある男女共生社会の実現に寄与することを目的とする。

びーらぶNiigata 新潟市がDV被害者支援として実施している親子心理的支援事業について継続的に学習する。
Father“H” Family

父親発信で家族の調和を目指し、家庭生活、地域活動への男女共同参画を推進する。

フォローの会

グループダイナミクスを通して、女性が自己を尊重し、他人を尊重しながら、社会生活を送れるように、安全安心した話しの場を提供する。

フッ素を考える新潟連絡会 妊娠や出産にかかわる女性の健康にフッ素応用がどのように影響するかについて学習し、生涯にわたる健康づくりのための支援を行う。
フリーケミスト

自分で考え行動できる女性を育てる。
教育を通して女性が行いやすい仕事を創生する。
男女共同参画社会実現に貢献する。

北京JAC・新潟 女性と男性のジェンダー平等な社会をめざし、NGOとして「北京行動綱領」を国内政策で実現させるためネットワークし、政策提言能力を高めるとともに積極的にロビイングすることを目的とする。
放送大学公認団体心理臨床研修会・新潟

これまでの社会と暮らしを支えてきた家族的秩序や性別役割、ジェンダー関係が大きく変化しつつある中で生じる生きづらさや心の問題を、「コラージュ創作のつくる行為にある様々な効果と作品分析」を学習し活用して、課題解決やエンパワメントにつなげ、行動計画の目標4・5・6の実現を推進する。メンタルヘルスの面から男女共同参画社会に寄与するものである。

目からウロコの会  
メディア研究会

メディアリテラシーを広め、特にジェンダーの視点からメディアを調査・研究する。

NPO法人 ライフ・アクセス21

ひとりひとりが持っている力を充分発揮し充実した人生が送れるよう健康と生きがいづくりを支援することを目的とし男女共同参画のもとに活動する。

リトルバード 男女の個人としての尊厳が重んじられ、性別による差別的取扱いを受けることなく、個人としての能力を発揮する機会が確保される社会のあり方や人権について学習する。
Little Rainbow

DVやモラハラ等で心にキズをおった女性が、心の健康をとりもどす為の講座の開催。

NPO法人ワーキングウイメンズアソシエーション ・雇用の分野における男女の均等な機会と待遇の確保 ・女性の職業能力の開発支援と就業支援 ・仕事と生活の調和に向けた意識の啓発 ・多様なライフスタイルに対応した子育てや介護等に関する支援 ・ライフステージに応じた健康づくりの支援
わいわい夢工房

男女共同参画の視点で、子育て・防災・まちづくりなどを行うために、情報交換や学習の場を企画・運営する。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

登録団体のご紹介

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る