このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

相談室の利用方法

更新日:2016年4月1日

アルザにいがた「相談室」では、相談の内容に応じて、下記の4つの相談を設けています。
また、相談内容により、他の機関へご紹介もいたします。
家族関係・対人関係・生き方・からだや性のこと(性同一性障がい等)・仕事のことでお悩みの皆様と、“わたし”を大切にする生き方をいっしょに考えていきます。

男性電話相談

「男だから弱音を吐いてはいけない」、「もっと頑張らなければならない」など、男性であるが故の生きづらさや苦しさを抱え込んでいる男性の気持ちを受け止め、こころの健康を取り戻し、自分らしい人生を歩むためのお手伝いをします。
国内で毎年2万5千人を超える自殺者のうち、7割が男性です。
「仕事で経済的役割を十分果たせていない」、「介護で孤独だ」、「妻やパートナーに暴力をふるってしまった」等、悩みを人に伝えられず、苦しみをひとりで抱えてしまう男性が少なくありません。
男性も弱音をはいてよいのです。つらいと感じたら「男性電話相談」にお電話ください。
男性の相談が対応し、秘密は固く守られます。安心してお話ください。

電話番号

電話:025-246-7800

相談日及び受付時間

相談日 毎月第4火曜
受付時間 18時30分から21時まで

相談内容

職場の人間関係・家族のこと・夫婦やパートナーのこと・DV・生き方など

相談料

無料

対象

新潟市在住・在勤・在学の男性

こころの相談

電話相談(ひとり20分)

家族のこと、夫婦のこと、対人関係、生きかたなどの悩みについて女性のフェミニストカウンセラーがご相談に応じます。
相談専用電話:025-245-0545

[電話]毎週火曜・金曜 午後2時~午後8時(受付時間午後7時30分まで)
[電話]毎週水曜・日曜 午前10時~午後4時(受付時間午後3時30分まで)

面接相談(ひとり1時間)

電話相談を受けられた方で、なおカウンセリング等を希望される場合は、女性のフェミニストカウンセラーが直接お話を伺い、こころの整理のお手伝いをしながら解決の糸口をいっしょに探します。

[面接]毎週火曜・水曜(第4除く)・木曜・金曜・土曜/午前10時~午後5時30分

女性のこころとからだ専門相談(ひとり1時間)

自分のからだについての悩みや性に関する悩み、体の不調などについて、看護職の専門相談員がアドバイスします。

[面接]毎月第2水曜 午後2時~午後5時※事前にご予約ください。
第2水曜の面談は新潟大学医学部保健学科(中央区旭町通2-746)で実施します。
[面接]毎月第4水曜 午前9時~午後0時※事前にご予約ください。

予約は電話:025-246-7713(平日午前8時30分~午後5時30分)

女性労働問題相談(ひとり40分)

配置転換、労働条件、社会保険、セクシュアル・ハラスメント、解雇など、仕事のことで不安に思っていることについて専門相談員がアドバイスします。
事業主の方からの相談もお受けします。

[面接] 毎月第2・4土曜 午後2時~午後4時※事前にご予約ください。
予約は電話:025-246-7713(平日午前8時30分~午後5時30分)

※いずれの相談も、祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は休みです

このページの作成担当

アルザにいがた
〒950-0082 新潟市中央区東万代町9-1(万代市民会館内)
電話:025-246-7713 FAX:025-246-8080

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

相談室のご案内

  • 相談室の利用方法

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る