このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟市若者支援協議会について

最終更新日:2018年10月23日

新潟市若者支援協議会の設置概要

新潟市若者支援協議会の目的

 子ども・若者育成支援推進法(平成21年法律第71号。以下「法」という。)第19条第1項の規定に基づき、社会生活を円滑に営む上での困難を有する若者に対し、法第15条第1項に規定する関係機関等が行う支援を適切に組み合わせることによりその効果的かつ円滑な実施を図るため、「新潟市若者支援協議会」(以下「協議会」という。)を平成23年8月11日に設置しました。 

新潟市若者支援協議会の内容

 協議会の構成員は、法第24条の規定に基づき秘密保持義務があります。新潟市若者支援センター「オール」の相談窓口において、本人の同意を得ることで関係機関・団体と連携した協働支援行うことができます。
 複合的な困難を有する若者に対して、新潟市若者支援センター「オール」が適切な支援機関・団体を招集し、協議しながら協働支援を行います。新潟市若者支援センター「オール」で行う事業では、連携するNPO団体等と適切な支援内容を協議しながら事業を行います。

新潟市若者支援協議会の会議

新潟市若者支援協議会「全体会議」

新潟市若者支援協議会を構成する機関・団体の代表者が参加します。5月に開催し、新潟市若者支援協議会の役割と運営について共通理解をする会議です。

全体会議の様子の写真

新潟市若者支援協議会「実務代表者会議」

複合的な困難事例に関わることが多い関係機関・団体を中心に構成し係長等が参加します。各機関・団体における複合的な困難事例について随時開催し、情報交換及び解決に向けての方向づけを行う会議です。

実務代表者会議の様子の写真

実務代表者会議構成団体の新潟市若者支援センター、新潟地域若者サポートステーション、新潟市ひきこもり相談支援センターが中心となり、困難を有する若者を早期発見し支援するために(高校中退者支援)、連携した支援ネットワーク「にいがた若者自立応援ネット」を構築しました。
現在、新潟市発達障がい支援センター(JOIN)、新潟市教育相談センターを加え、より個に応じた支援ができるようになっています。

新潟市若者支援協議会「個別支援検討会議」

若者の複合的な困難事例により、新潟市若者支援センター「オール」が適切な支援機関・団体を招集し担当者が参加します。必要に応じて開催し、複合的な困難事例に対して協働支援策を協議する会議です。

個別支援検討会議の様子の写真

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

教育委員会 地域教育推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟2階)
電話:025-226-3277 FAX:025-230-0421

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る