このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度の概要

 幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めるために、平成27年4月にスタートした新しい制度です。
この新制度の実施のために、消費税率引き上げによる増収分が活用され、社会全体で子どもの育ち、子育てを支えます。

子ども・子育て支援新制度のポイント

  • 質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
  • 保育の量的拡大・確保、教育・保育の質的改善
  • 地域の子ども・子育て支援の充実

子ども・子育て支援新制度について、詳しくは内閣府の子ども・子育て支援新制度のページをご参照ください。

子ども・子育て支援新制度について、国からの情報を掲載しているページです。
国では、内閣府に設置された「子ども・子育て会議」を中心に検討しています。

子ども・子育て支援新制度について内閣府が作成したリーフレットです。

新潟市の対応

 子ども・子育て支援新制度のもと、さまざまな子ども・子育て支援の充実を図るため、保護者や有識者等で構成される「新潟市子ども・子育て会議」を設置して、市民の皆さまの子育ての状況やニーズを把握し、それに基づいた「新潟市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。

詳しくは、「新潟市子ども・子育て会議」のページ、「新潟市子ども・子育て支援事業計画」のページをご参照ください。

幼稚園・保育園などの利用のための認定について

 子ども・子育て支援新制度では、幼稚園・保育園・認定こども園などを利用する場合、3つの区分による認定を受けていただくことになります。
 ただし、手続きの時期や流れは、これまでと大きく異なるものではありません。

  •  新年度の入園児の場合は、入園の内定を受けた後、園を通じて申請をしてください。
  •  在園児で、既に認定を受けている方は、申請は不要です。

 なお、私立幼稚園では、新制度に移行しない園もあります。その場合、認定は不要です。

3つの認定区分

1号認定(教育標準時間認定)

子どもが満3歳以上で、幼稚園などでの教育を希望する場合
利用先:幼稚園、認定こども園

2号認定(満3歳以上・保育認定)

子どもが3歳以上で保育の必要な事由に該当し、保育園などでの保育を希望する場合
利用先:保育園、認定こども園

3号認定(満3歳未満・保育認定)

子どもが3歳未満で、保育の必要な事由に該当し、保育園などでの保育を希望する場合
利用先:保育園、認定こども園、地域型保育

保育の必要量の認定について

2号認定・3号認定の場合は、保護者の就労時間などから、保育の必要量について、「保育標準時間」または「保育短時間」いずれかの区分に認定されます。

(注)保育の必要な事由や、保育の必要量の認定などについての詳細は、「(2020年4月)認可保育施設への新年度入園について」のページをご覧ください。

私立幼稚園等の入園について

私立幼稚園や認定こども園の入園についてのページです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る