このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成30年度4月入園について

最終更新日:2017年9月11日

平成30年度4月入園 新潟市認可保育施設入園のてびき(2号・3号)

1次募集

受付期間

(1)保育園・認定こども園(3号認定)・地域型保育事業
 平成29年10月2日(月曜)~平成29年10月20日(金曜)
(2)認定こども園(2号認定)
 平成29年10月2日(月曜)~平成29年10月13日(金曜)

3歳から5歳児クラス(2号認定)で、認定こども園を第1希望とされている方へ

  • 3歳から5歳児クラスで、認定こども園への入園を第1希望としている場合は、1次募集が(2)の受付期間となります。
  • はじめに第1希望の施設のみで利用調整を行い、入園ができない場合は、申請書に第2希望以下の施設があれば、11月からの全保育施設の利用調整を行います。(第2希望からの利用調整となります。)
  • (2)の期間を過ぎて10月16日から10月20日までの間に申込をされた方は、第1希望の認定こども園に空きがあれば、11月以降に行う全保育施設の利用調整に含みます。申込時点で既に第1希望の認定こども園が受入人数に達している場合は、第1希望の変更をお願いすることがあります。
  • 3歳未満児(3号認定)の弟妹も同じ認定こども園に申込む場合は、兄姉の内定が出ても弟妹の結果に反映されませんので予めご了承ください。

2次募集

1次募集終了後、受入人数に空きがある施設のみで、4月入園希望者の受付を追加で行います。
※1次募集の利用調整結果を受け入園施設を変更するために申込みをすることは可能ですが、1次募集での入園決定は取り消しとなります。ご理解の上、申込ください。
募集対象施設は1次募集の調整後(平成30年1月下旬頃)、市ホームページでお知らせします。 申込み受付場所は、2次募集での第1希望施設のある区役所健康福祉課児童福祉係窓口です。

申込対象者

(1)平成30年4月1日時点で保育を必要とする児童
※保護者が育児休業からの職場復帰や就労開始等で月の途中から保育を必要とする場合は、4月18日以前に勤務が開始され、月8日以上勤務する(土曜日曜・祝日を除く)ことが必要です。
(2)平成29年11月1日に保育施設に在園する児童で、平成30年4月1日付で転園を希望する児童
(3)平成29年12月から平成30年3月の間で入園及び転園を希望しており、平成30年4月以降も継続して在園を希望する児童
※(3)に該当する場合は、今年度分の入園手続きの前に、上記期間中に新年度(4月)入園の申込みが必要です。
※障がい児保育の希望や心身の発達等に心配がある場合、又は医療的配慮が必要なお子さんの利用に関しては、申請前に各区役所健康福祉課児童福祉係にご相談ください。

申請書等の配付場所及び受付場所

配付場所

第1希望の保育施設 
※1号認定の申込みは2号・3号とは別に行っております。詳しい手続きは、各1号認定の入園を取り扱っている施設にお問い合わせください。

受付場所

第1希望の保育施設 
※書類を受け取った施設と受け付けする施設が異なっても構いません。

利用調整(選考)の決定時期

結果は、「入園承諾書」もしくは「利用調整結果通知書」を送付し、通知します。

保育園・認定こども園(3号認定)・地域型保育事業

 平成30年1月末頃

認定こども園(2号認定)

 平成29年10月末頃

利用手続きの流れ(認定こども園の2号認定は除く)

利用手続きの流れ
新年度入園受付(10月2日から10月20日)

第1希望の保育施設に、申請書及び認定に必要な資料をご提出ください。
各施設で取りまとめ、新潟市に提出されます。

支給認定・利用調整(10月下旬から1月)

◆支給認定
 支給認定区分および保育標準時間・保育短時間の認定を市で行います。
 支給認定の通知は、4月入園の場合は、認定事務が集中するため審査に時間を要することから、1月末頃に入園承諾書と併せてお送りします。
◆利用調整
 市が定めた利用調整基準の指数の合計数の多い順に、利用施設の調整を行います。
 指数については入園のてびき11ページをご覧ください。
 申請書に記載していただく利用を希望する施設名は、なるべく多くご記入ください。少ない場合は、入園が決まらない場合もありますので、ご注意ください。

入園決定(1月末頃)

◆支給認定の通知・入園承諾書(認定こども園・地域型保育は利用調整結果通知)を市からお送りします。
◆認定こども園・地域型保育は、施設との直接契約になりますので、結果が届きましたら、各施設にご連絡ください。

入園に関する注意点

  • 入園決定後に、家庭の状況等が申し込み時と異なることが判明したときは、決定を取り消す場合があります。
  • 支給認定の内容に変更があった場合は、速やかに変更届を保育施設に提出してください。支給認定区分・保育必要量の認定変更は、届けのあった翌月から変更になります。

※退職や育児休業へ移行したことによる入園要件及び支給認定の変更は、事実の発生した月の翌月からの変更になります。

  • 世帯員の増減などによる保育料の変更については、事実の属する月の翌月からの変更になります。(原則年度内)
  • 育児休業からの仕事復帰日が入園相談時から変更になる場合は、必ず、各区担当者にご相談ください。復帰日が変更になると、入園が取り消される場合があります。
  • 支給認定は、住民票のある市町村で行います。市外に住民票を異動した場合は、住民票の異動日以降市内の保育施設はご利用いただけません。
  • 入園後も家庭状況の把握を行い、保育の必要性が認められないときは、退園になる場合があります。

入退園・保育料に関するお問い合わせは、ご希望の保育園が所在する区役所へ

お問い合わせ先
各区役所連絡先
北区役所 健康福祉課 児童福祉係 電話:025-387-1335
東区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:025-250-2330

中央区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:025-223-7230

江南区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:025-382-4353

秋葉区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:0250-25-5683

南区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:025-372-6351

西区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:025-264-7340

西蒲区役所

健康福祉課

児童福祉係

電話:0256-72-8389

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

こども未来部 保育課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1225 FAX:025-228-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る