このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

新潟市立乳児院「はるかぜ」

更新日:2015年5月12日

市では、増え続ける児童虐待などにより、保護者の適切な養育を受けられない子どもを社会全体で公的責任を持って保護し、すこやかに育むとともに、困難を抱える家庭に適切な支援を提供するため、社会的養護の充実として、本市初となる市立乳児院を平成27年4月1日開院しました。

新潟市立乳児院「はるかぜ」について

乳児院とは

乳児院とは、乳児を入院させて養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする児童福祉施設(児童福祉法第37条)であり、社会的養護施設のひとつです。
保護者の離婚や病気、養育困難、虐待など、さまざまな理由から家庭での適切な養育を受けられない児童(主に0歳から2歳児)を養育し、退所後も児童の家族らに対し相談などの支援を行います。

施設概要

「はるかぜ」外観
「はるかぜ」外観

● 規   模 木造地上2階建
● 敷地面積 527.25平方メートル
● 延床面積 469.80平方メートル
● 建設工事 平成25年度 基本設計、実施設計
          平成26年度 建設工事

愛称「はるかぜ」

 4月1日の開院に合わせ募集した乳児院の愛称が「はるかぜ」に決まりました。

 「市の福祉向上に役立ててほしい」とのご遺志により、乳児院設置のきっかけとなった9,250万円を本市に寄付してくださった故・小野芳春(おのよしはる)さんにちなんだ愛称を募集。全563点の応募があり、審査の結果、吉田まりやさん(中央区)、松原一郎さん(中央区)、吉田匡宏さん(中央区)が応募した「はるかぜ」が選ばれました。 

 小野さんのご遺志を反映するとともに、子どもたちが暖かい“春”の風に包まれているかのように、いつも明るく過ごしてほしいという願いが込められています。

問い合わせ

新潟市立乳児院「はるかぜ」
〒951-8133 新潟市中央区川岸町1丁目57番地1

関連リンク

児童相談所

児童虐待防止

児童虐待に関する相談窓口

乳幼児の育児相談

子育てなんでも相談センターきらきら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

こども未来部 こども政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1193 FAX:025-224-3330

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

家庭での養育が困難な子どもへの援助

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る