このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

アメリカ人が作った博物館

最終更新日:2018年8月8日

参加者を募集します

概要

横越の歴史や発展にとても関わりの深い「伊藤家」
「伊藤家」260年の歴史について北方文化博物館神田館長からお話をしていただき、その後沢海の代官所跡地や沢海藩主に墓所などを巡ります。また普段入ることが出来ない北方文化博物館の非公開エリアの「常盤荘」「大呂庵」「作業小屋」などを探索し、普段聞くことが出来ない歴史的な裏話などを聞かせていただきます。このめったにない「横越の宝巡り」の機会を是非とも味わってみてください。

日時

平成30年10月9日(水曜) 午前9時40分から午後3時

会場

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。北方文化博物館 (外部サイト)
新潟市江南区沢海2丁目15-25 025-385-2001

定員 30人(先着順)
対象 成人の方ならどなたでも
参加費 2500円(北方文化博物館入館料・昼食代・沢海まちあるき代金)
申込み 9月3日午前9時から横越地区公民館 電話 025-385-2043
お問い合わせ 横越地区公民館 電話 025-385-2043
備考 現地集合現地解散となります。

プログラム

 時間  プログラム  講師
午前10時から正午 伊藤家260年の歴史

 北方文化博物館館長
 神田 勝郎(かんだ かつろう) さん

昼食 北方文化博物館内「みそ蔵」にて沢海・横越の特産品を使った「常盤」御膳を召し上がっていただきます。

午後1時から
2時

沢海まちあるき 北方文化博物館非公開エリアや沢海代官所跡(光圓寺)日枝神社・沢海藩主墓所(大榮寺)などを巡ります。

 北方文化博物館
 伊里 浩(いさと ひろし)さん

午後2時から
3時

北方文化博物館内見学
普段聞くことが出来ない裏話などが効けるとの噂があるとかないとか

北方文化博物館
 伊里 浩(いさと ひろし)さん

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

横越地区公民館
〒950-0218 新潟市江南区いぶき野1丁目1番2号
電話:025-385-2043 FAX:025-385-4431

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る