このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

とやの地域学

最終更新日:2018年10月31日

事業は終了しました。

概要

「自然と環境講座」をリニューアルしました。
鳥屋野地域の歴史や、昔の人々の暮らしぶり、生活文化など、地域のことを一緒に学びませんか。地域の魅力に迫る全4回の講座です。

日時

平成30年9月5日(水曜)19日(水曜)10月3日(水曜)17日(水曜)
全4回 午後1時30分から午後3時30分 ただし、10月3日は現地研修のため午後4時に終了

会場

新潟市鳥屋野地区公民館

定員 テーマに関心のある方30名(先着順)
参加費 無料

お申込方法

電話でお申込みください。
8月6日(月曜)から受付を開始します。
電話:025-285-2371

お問い合わせ

〒950-0972
新潟市中央区新和3-3-1
新潟市鳥屋野地区公民館(電話:025-285-2371)

プログラム

開催日

テーマ・講師 内容
1 平成30年9月5日(水曜)

地名から見るとやのの暮らし
元新潟県立文書館副館長
本井 晴信(もとい はるのぶ) さん

地名から鳥屋野地域の昔の暮らしぶりを学びます。

2 平成30年9月19日(水曜)

地域を支えた日本軽金属新潟工場
日軽ニュービジネス株式会社
新潟支社長 長尾 文夫(ながお ふみお) さん

日本軽金属新潟工場が、現在の新潟県庁がある場所にあった頃の話をお聞きします。

3 平成30年10月3日(水曜)

【現地研修】
亀田郷土地改良区と親松排水機場見学
(あし)沼から美田へ~
亀田郷土地改良区職員
新潟地域振興局職員

かつて「(あし)沼」と呼ばれた低湿地帯がどのようにして現在のような姿になったのか学びます。

4

平成30年10月17日(水曜)

砂の町・新潟の楽しみ方
路地連新潟代表
野内 隆裕(のうち たかひろ) さん

鳥屋野地域のことも交えながら、砂の町・新潟の楽しみ方についてお聞きします。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

鳥屋野地区公民館
〒950-0972 新潟市中央区新和3丁目3番1号
電話:025-285-2371 FAX:025-384-8190

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る